三船敏郎

照片 :

中文名 : 三船敏郎

英文名 : Toshiro Mifune

出生年 : 1920年

出生日 : 4月1日

出生地 : 中国青岛

逝世 : 逝世

逝世年 : 1997年

逝世日 : 12月24日

逝世地 : 日本东京

国家/地区 : 日本

职业1 : 演员

职业2 : 制片人

首字母 : S

条目星级 : ★★★

三船敏郎(みふね としろう,1920年4月1日1997年12月24日)是日本著名的演员,善于扮演粗犷、强悍、刚硬的粗线条人物,中年以后则以扮演首领人物为多。尤其是同黑泽明的合作,加上志村乔三人可谓是铁三角。三船敏郎两度获得[[威尼斯电影节]]最佳男演员奖,在国际上拥有很高知名度。

生平

简介

三船敏郎是家里的长子。其父三船德造是中国山东省青岛市的贸易商,经营照相业,日本秋田县鸟海町出身。

三船家的照相馆

他则出生于青岛,后移居大连,在大连中学毕业后,以一等合格的成绩应征入伍,加入了满洲陆军第七航空队。由于具备照相的知识和经验,他被调入照相部,负责拍摄航空照片。据说到了后来,他对摄影也极有讲究。在这段时期认识的鹭巢富雄,则成了他一生的好友。他是在熊本的特攻队基地迎来二战的停战的。

由于在东京[[东宝]]摄影所的前辈[[大山年治]]曾对他说过:“战后找不到差事的话来找我。”,他便去请求担任助理摄影师的工作。结果递交了履历以后,“由于某些差错”,又让他去参加[[东宝]]的第一期新人选拔,接受了面试。他那种一脸瞧不起人的姿态(据说当审查员让他笑时,他回答说:“又不好玩,我不笑。”)自然没能让他合格,不过那次是山本嘉次郎导演担任的审查委员长,称得上是山本弟子的导演黑泽明在偶然中看到了那个场面。当时的审查委员会由导演等电影制作的专业人士与工会代表对半组成,黑泽抗议道“专业人士和门外汉同样都是一票,这显得不合情理”。最终,在山本的担保下,他才总算合格,被候补录用,以这样一种意外的形式进入了演员的世界。

参加东宝新人选拔时的三船

 

1947年,他在黑泽明编剧,黑泽的朋友谷口千吉导演的电影《雪山的尽头》中首次亮相,饰演了在雪山遇难的三人中的一人,另一人是志村乔。次年即1948年,他在自己的第三部作品,黑泽明导演的《酩酊天使》中,饰演一个生活糜烂的小流氓,其充满野性的演技压倒了主演医生的志村乔,一举成名。

此后,他成了黑泽作品中不可或缺的存在。从《酩酊天使》一直到《红胡子》,整整16年里,他唯一没有出演过的黑泽电影只有一部《生之欲》。无论是在现代剧还是时代剧里,他都是黑泽电影的招牌,当然他与黑泽也发生过争执。在三船死后,黑泽万分惋惜,曾说道:“我真的很想表扬你说,很好,三船君,你真的做得很好。想你那么棒的演员现在已经没有了”。半年后,黑泽也离开了人世。

在黑泽作品以外,他也主演了稻垣浩导演的《战国无赖》 (1952年) 、《宫本武藏》(1954年) 、《不守法的阿松的一生》(1958年) 、冈本喜八导演的《武士》 (1965年) 、《红头发》(1969年) 、熊井启导演的《千利休 本觉坊遗文》([[1989]])等众多作品。初期可能是由于《七武士》的影响,多为一些豪放的角色,后来则多饰演战国武将以及东乡平八郎、山本五十六这样的军人和伟人。

三船参演过的电影曾多次获得过国际重要奖项。如黑泽明导演的《罗生门》(1950年)﹑《七武士》(1954年)、稻垣浩导演的《不守法的阿松的一生》(1958年)分别获威尼斯国际电影节金狮奖﹑银狮奖和铜狮奖,稻垣浩导演的《宫本武藏》(1954年)获当年[[奥斯卡]]最佳外语片奖,而《保镖》(1961年)和《红胡子》(1965年)更使他自己两度获得[[威尼斯电影节]]的最佳男演员奖。这些影片也都在日本获奖。他和黑泽明长期的合作曾誉为“国际的黑泽,世界的三船”。

三船也曾参与演出美国电影《中途岛战争》、《太平洋的地狱》,法国电影《红.太阳》等西方作品。

晩年的三船,则更多展现的是一种朴素的演技,如山田洋次导演的《男人好辛苦 知床慕情》(1987年) 里的顽固老兽医、市川昆导演的《竹取物语》([[1987]])里编竹子老翁等角色。他在拍摄之前就记住了所有的台词以及表演动作,拍摄过程中绝不携带剧本,这种高度的职业精神为人称道。

在私生活上,1950年,他与同期的[[东宝]]第一期新人女演员[[吉峰幸子]]结了婚。后来与女演员[[喜多川美佳]]的交往被曝光后,就与夫人幸子分居了。据说,实际上三船是被苦于“家庭暴力”的夫人幸子夫人赶出来的,但她的本意也是希望三船能够悔改。然而在三船方面,虽然自己在家里的所作所为被曝光,甚至还被提起了离婚诉讼,但仍然没有半点悔改之意。在此期间,他与姘居的喜多川生下一个女儿,就是现在的[[三船美佳]]。由于两人年龄相差悬殊,与其说是父女,倒不如说看起来更像是爷爷与孙女的关系。颇具讽刺意味的是,他竟然直接就把自己姘头的名字“美佳”给孩子用上了(不过喜多川美佳这个名字本来就不是真名)。后来,借着1992年由于心肌梗塞病倒的机会,三船回到了正妻的身边。

1962年,他创立“三船制片公司”,并于第二年首次执导了自己主演的电影《五十万人的遗产》。除了电影《黑部的太阳》(与“石原制片公司”合作)以外,他也制作了《桃太郎武士》、《荒野的穷浪人》《大忠臣藏》等电视剧。然而,公司在1979年发生内部纠纷后分裂,从此一蹶不振。

三船于1986年春季授勋时被授予“紫绶褒章”,1993年春季授勋时被授予三等功“瑞宝章”。1997年12月24日,由于“多器官衰竭”而去世,享年77岁。

据说他晚年患有轻度的痴呆症,这在周刊、专题节目上也曾引起过话题。遗作是1995年的《深远的河》(熊井启导演)。

逸闻

  • 有一次在国外,当被机场海关人员问道“Do you have any spirits?(你带有酒精类饮料吗?)”时,他堂堂地回答:“Yes! I have Yamato-Damashii!(是的,我拥有大和精神)”。
  • 三船应试东宝电影演员时,根本没想当上演员,对主考者的态度极为傲慢,根本没有把他们放在眼里。主考人对他说:“请你笑一笑看。”他却回答说:“突然叫我笑,我怎么能马上笑得出来呢。”问他:“你的酒量有多大。”他回答说:“少说得一升。”
  • 三船的文笔很好
  • 三船喜欢打扫卫生,甚至连自己的事务所都是由本人来打扫的(据说来访的客人都不知道打扫的是三船本人)。
  • 他的酒品很差,一喝酒就性子大变。曾有一次喝醉后在出租车内要殴打[[安藤升]],结果反过来被打得鼻青脸肿,第二天上不了镜。
  • 作风硬派的三船,实际上也有很顽皮的一面。
    • 女儿美佳出演《Downtown DX》时,他的私人影像也被播出,里面有他在对美佳讲冷笑话的场面。
    • 作为1980年的TBS正月特别节目《关之原》宣传的一环,他客串出演了《8点了!全体集合》,在节目开头的小品里扮演一个穿着铠甲的战国武将,与同样扮演战国武将的碇矢长介说了两三句台词(这个时候,因为三船说“想听乌鸦的歌”,所以碇矢就把志村健叫到三船跟前,让他唱起了“♪随便乌鸦哦~”)就从舞台边退场了,不过在退场的同时,他竟然跳起了这个节目里有名的“胡子舞”。当这个世界级的大明星恶搞起“The Drifters”(一个日本艺人团体,碇矢长介和志村健都是其成员)时,观众席上响起一片欢呼声。由于这是事先完全没有打过招呼的即兴表演,碇矢在舞台上惊叹道“那家伙,竟然会这么干・・・”。
    • 三船在开头的小品之后,又在绕口令节目中出场,他先是一本正经地念着“生麦生米生鸡蛋・・・”,接着又装傻似地念起了“生麦生米生啤酒!”,把观众们都逗得大笑起来。
  • 在游戏《巫术》(Wizardry)系列的反派角色中,有一个以他为原型而创造的叫做“MIFUNE”的武士。
  • 三船去世时,法国和意大利的国营电视新闻节目都将其作为头条新闻做了报道。日本演员的死讯成为外国报导机构的头条新闻的,只此一人。

世界的三船

1951年に『[[羅生門]]』が[[ヴェネツィア国際映画祭]][[金獅子賞]]を受賞し、クロサワとともにミフネの名も世界に知れ渡った。1961年に初の海外作品『価値ある男』(メキシコ映画)ではメキシコ人役で主演。その後の海外の名優との競演は、以下の作品などが挙げられる。

  • 1967年『[[グラン・プリ]]』([[ジョン・フランケンハイマー]]監督)[[イヴ・モンタン]][[ジェームズ・ガーナー]]
  • 1968年『太平洋の地獄』([[ジョン・ブアマン]]監督)[[リー・マーヴィン]]
  • 1971年 フランス映画『[[レッド・サン]]』([[テレンス・ヤング]]監督)[[アラン・ドロン]][[チャールズ・ブロンソン]]
  • 1976年『[[ミッドウェイ]][[チャールトン・ヘストン]][[ヘンリー・フォンダ]][[ロバート・ミッチャム]][[グレン・フォード]]
  • 1976年『[[太陽にかける橋_ペーパータイガー]][[デビッド・ニーブン]]
  • 1979年『[[ウィンターキルズ]][[ジェフ・ブリジッス]][[アンソニー・パーキンス]][[エリザベス・テイラー]]
  • 1979年『[[1941]]』([[スティーブン・スピルバーグ]]監督)[[ジョン・ベルーシ]][[ダン・エイクロイド]]
  • 1980年『[[将軍_SHOGUN]][[リチャード・チェンバレン]]
  • 1980年『[[インチョン!]]』([[テレンス・ヤング]]監督)[[ローレンス・オリビエ]][[ジャクリーン・ビセット]]
  • 1980年『[[最後のサムライ_ザ・チャレンジ]]』([[ジョン・フランケンハイマー]]監督)[[スコット・グレン]]
  • 1980年『[[兜KABUTO]]』([[ゴードン・ヘスラー]]監督)[[ショー・コスギ]]
  • 1994年『[[シャドウ・オブ・ウルフ]][[ドナルド・サザーランド]][[ルー・ダイヤモンド・フィリップス]]
  • 1995年『[[ピクチャーブライド]]』([[カヨ・マタノ・ハッタ]]監督)

[[アラン・ドロン]]は三船を『日本の兄』と尊敬し、自らがプロデュースするブランドの[[香水]]「サムライ SAMOURAI」の香りのイメージを、「三船敏郎を基調とした日本のサムライ」とした。また[[マーロン・ブランド]]は飛行機に乗っていた際、三船が同乗している事を知るや自分から挨拶に行ったというエピソードがあり、三船が死去した時も[[弔電]]を(アラン・ドロンと同様に)送っている。

しかし黒澤に薫陶を受けた[[ジョージ・ルーカス]]監督の『[[スター・ウォーズ]]』(1977)で、重要な役どころの[[ダース・ベイダー]]役(当初は[[オビ=ワン・ケノービ]]役という説もあったが、『ダウンタウンDX』での娘の[[三船美佳]]の証言により「ダース・ベイダー」が正しかったようだ)の申し出を断った逸話は有名。もっとも当時のルーカスは現在ほどの巨匠ではなく、『スター・ウォーズ』もあれほどの大ヒットになるかどうか全く予想できなかった時点(製作前)での話であることに注意する必要がある。またルーカスが「黒澤に薫陶を受けた」というのは、一人のファンとして黒澤を熱愛し影響を受けたという意味であって、当時(1970年代)のルーカスが黒澤と直接会ったり教えを受けたりしていたわけではない。オファーを受けた三船にしてみれば「知らない監督の、わけの分からないSF活劇映画」という印象でしかなかったと言われている。

その後、同じくハリウッド映画の寵児[[スティーヴン・スピルバーグ]]監督の『1941』(1979)に日本人潜水艦長役で出演するが、興行的には失敗に終わった。その後、『[[スター・ウォーズ/ジェダイの復讐]]』(1983)にて[[ダース・ヴェイダー]]の素顔、[[アナキン・スカイウォーカー]]の役をオファーされるが、これも辞退(余談だが、出演拒否されると思ってなかった制作側は三船をイメージした商品を許諾、このため最初期のアナキンのアクションフィギュアのパッケージは思いっ切り三船顔になっている)。さらに『ベストキッド』(1984)のミヤギ役を断っている(代わりに出演した日系人俳優[[パット・モリタ]][[アカデミー助演男優賞]]にノミネートされた)。

米国人に最も有名なのはテレビドラマ『[[SHOGUN_将軍]]』(1980)の将軍役で、ミフネ=サムライのイメージが固定した。1980年代のアメリカの人気テレビ『[[サタデー・ナイト・ライブ]]』では[[ジョン・ベルーシ]]が『用心棒』の主役の物まねで人気を博した。ベルーシは『[[1941]]』で三船と共演しているが、直接の絡みは無い。

米国産[[コンピュータRPG]]の『[[ウィザードリィ]]』には、敵役サムライの首領的存在として「ミフネ」が登場してくる。また『[[マトリックス・リローデッド]]』『[[マトリックス・レボリューションズ]]』には「ミフネ船長」なる人物も登場し、アジア系ではないが容姿の良く似た俳優が起用されている。

海外での受賞やノミネート歴は、1955年『七人の侍』で[[英国アカデミー賞]]主演男優賞(外国語)ノミネート。1961年『用心棒』でヴェネチア映画祭主演男優賞、シネマヌーヴァ金額賞。1965年『赤ひげ』でヴェネチア映画祭主演男優賞、1980年『将軍』で米国[[エミー賞]]主演男優賞ノミネート。その他、フランスの芸術文化勲章、[[モントリオール世界映画祭]]特別グランプリ、[[マニラ映画祭]]では「最もセクシーな俳優」に選ばれた事もある。

三船は多くの日本の俳優([[渡辺謙]][[松田優作]]を含む)と違い、海外からの出演オファーは数え切れないほど多く、晩年においても一年で通常の段ボール箱が一杯になるほど依頼が殺到していた。三船の出演を決断させる要素は「日本人を茶化さない」、「三船プロの運営に支障をきたさない(『[[デルス・ウザーラ]]』や『[[スター・ウォーズ]]』の出演辞退はこれに該当)」、「制作サイドの誠意ある交渉」等があり、それらの条件をクリアした相手に対しては「出演させていただきます」というような誠意をもって応えた。ただし『デルス・ウザーラ』に関しては本人が自費で海外に渡航しスケジュールを調整していたと野上照代に話している(実際72年から75年まで海外の作品に出演していない)。

晩年は米映画『シャドウ・オブ・ウルフ』(1993)の[[イヌイット]]族長役や『ピクチャー・ブライド』(1994)の日本人[[弁士]]役としても出演し、老境の渋みをみせた。

『シャドウ・オブ・ウルフ』で共演した[[ドナルド・サザーランド]]は出演オファーを受けた際、三船が出演することが決まっていると聞き、脚本を読まずに出演を決めたと語っている。

なお、死後の1999年には、ミフネの演じたサムライへの[[オマージュ]]ともいえる[[デンマーク映画]][[ミフネ]]』が[[ベルリン映画祭]][[銀熊賞]]を受賞した。

银幕上的对决

三船敏郎与仲代达矢小林正树《夺命剑》中

椿三十郎

 

  • 片尾决斗,一刀分胜负。

 

用心棒

 

 

《夺命剑》

 

 

[[大菩萨岭]]

 

 

评价

 

作品

 

  • 一位茶道大师之死 Sen no Rikyu (1989年)
  • 竹取物语 Taketori monogatari (1987年)
  • 仁川 Inchon (1981年)
  • 一九四一 1941 (1979年)
  • 中途岛之战 Midway (1976年)
  • 纸老虎 Paper Tiger (1975年)
  • 龙虎群英 Soleil rouge (1971年)
  • 座头市与用心棒 (1970年)
  • Aru heishi no kake (1970年)
  • 风林火山 Furin kazan (1969年)
  • 黑部的太阳 Chikadoo no taiyoo made (1968年)
  • 山本五十六 (1968年)
  • 决斗太平洋 Hell in the Pacific (1968年)
  • 大战末日 Nihon no ichiban nagai hi (1967年)
  • 夺命剑 (1967年)
  • 霹雳神风 Grand Prix (1966年)
  • 红胡子 Akahige (1965年)
  • 大盗贼 Dai tozoku (1963年)
  • 天国与地狱 Tengoku to jigoku (1963年)
  • 椿三十郎 (1962年)
  • 大阪城物语 Osaka jo monogatari (1961年)
  • 大镖客 Yojimbo (1961年)
  • 懒汉睡夫 Warui yatsu hodo yoku nemuru ([[1960]])

三船

 

  • 日本诞生 Nippon tanjo (1959年)
  • 双龙秘剑 Yagyu bugeicho – Ninjitsu (1958年)
  • 不守法的阿松的一生 Muhomatsu no issho (1958年)
  • 战国英豪 The Hidden Fortress (1958年)
  • 低下层 Donzoko (1957年)
  • 蜘蛛巢城 Kumonosu jô (1957年)
  • 风虎云龙传 – 柳生武芸帐 Yagyu bugeicho (1957年)
  • 宫本武藏:岸流岛的决斗 ([[1956]])年
  • 宫本武藏:一乖寺的决斗 ([[1955]])
  • 活人的记录 Ikimono no kiroku ([[1955]])
  • 七武士 Seven Samurai (1954年)
  • 宫本武藏 Miyamoto Musashi (1954年)
  • 西鹤一代女 Saikaku ichidai onna (1952年)
  • 白痴 The Idiot (1951年)
  • 丑闻 Shubun (1950年)
  • 罗生门 (1950年)
  • 野良犬 Stray Dog (1949年)
  • 酩酊天使 Drunken Angel(1948年

参考

 

 

  • 佐藤忠男 著作《黑泽明的世界》之“三船敏郎登上影坛”

 

外部链接

 

标签:

编者介绍

电影百科编写小组

中文电影百科编写小组,2006年中文电影百科网站创建以来,一批热心于知识公益的学者、影评人和影迷,持续为网站义务编写、翻译和编辑词条,网站现有的优秀条目都来自于大家的共同协作。2013年8月,网站改版后,条目作者统一称为“中文电影百科编写小组”。网站向他们的辛勤无私的工作表示致意。

评论关闭