五社英雄

照片 :
中文名 : 五社英雄
英文名 : Hideo Gosha
出生年 : 1929年
出生日 : 2月26日
出生地 : 日本东京赤阪
逝世 : 逝世
逝世年 : 1992年
逝世日 : 8月30日
逝世地 : 日本
国家/地区 : 日本
职业1 : 导演
职业2 : 编剧
首字母 : W
条目星级 : ★

五社 英雄ごしゃ ひでお、本名:同じ字で「ごしゃ・えいゆう」、1929年2月26日1992年8月30日)は、[[映画監督]][[脚本家]][[東京都]]出身。[[明治大学]]商学部卒業。[[ニッポン放送]]を経て、[[フジテレビ]]へ。

来歴

  • テレビドラマの『刑事』や『[[ジキルとハイド]]』では、プロデュースも担当。原作・脚本・監督とこなす映画監督でもあった。
  • [[ひらけ!ポンキッキ]]』の企画にも携わり、企画書を提出した人物でもある。
  • 代表作は[[時代劇]][[三匹の侍]]』。テレビドラマ放送後に映画化され、続編も作られた。また時代劇監督としても知られ、数々の時代劇作品を撮り続けた。
  • 1980年に銃刀法違反の容疑で逮捕され、フジテレビを解雇される。その後の活動再開第1作が『鬼龍院華子の生涯』である。
  • 1985年には自ら映画制作プロダクション「五社プロダクション」を設立。
  • また、映画『世界最強のカラテ キョクシン』(1985年、極真映画製作委員会)の総監修や、映画『陽炎II KAGERO』(1996年、松竹・バンダイビジュアル)の脚本監修も手がけていた。
  • 後年、監督としての名声を博して後に、二代目彫芳の手による[[刺青]]を、全身に彫ったことを娘に明かした。
  • [[SM]]の趣味があった。
  • [[安藤昇]]と親友。『新三匹の侍』の企画段階で、五社自ら安藤をレギュラーに推薦して起用した。

作品

テレビドラマ

特に記述がないものはフジテレビで放送。

  • いくじなし([[東芝土曜劇場]]
  • やせ犬(東芝土曜劇場)
  • ろくでなし(東芝土曜劇場)
  • 刑事(1959年、1965年)
  • トップ屋(1960年)
  • むしけら(1960年)
  • [[宮本武蔵]](1961年)
  • 夜を探せ (1962年)
  • 泡の女(1963年)
  • 三匹の侍(1963年~1965年)
  • 甲州遊侠伝 俺はども安(1965年)
  • [[眠狂四郎]](1967年)
  • [[雪之丞変化]](1970年)
  • 新三匹の侍(1970年)
  • 岡っ引どぶ どぶ野郎(1972年、関西テレビ)
  • [[ジキルとハイド]](製作・1969年、放送・1973年)
  • 無宿侍(1973年)
  • [[唖侍鬼一法眼]](1973年、日本テレビ)
  • 丹下左膳 剣風!百万両の壺(1982年)

映画

  • 人斬り(1969年、フジテレビ・[[勝プロダクション]]
  • [[雲霧仁左衛門]](1978年、松竹・俳優座)
  • 闇の狩人(1979年、松竹・俳優座)
  • [[鬼龍院花子の生涯]](1982年、東映・俳優座)
  • 陽暉楼(1983年、東映・俳優座)
  • 北の螢(1984年、東映・俳優座)
  • 櫂(1985年、東映京都)
  • 薄化粧(1985年、松竹・五社プロ・映像京都)
  • [[極道の妻たち]](1986年、東映京都)
  • [[吉原炎上]](1987年、東映京都)
  • [[肉体の門]](1988年、東映京都)
  • [[226]](1989年、フィーチャーフィルムエンタープライズ)
  • [[陽炎]](1991年、バンダイ・松竹)
  • 女殺油地獄(1992年、フジテレビ・京都映画)

脚本・監督

  • 三匹の侍(1964年、松竹京都)
  • 獣の剣(1965年、俳優座)
  • 五匹の紳士(1966年、俳優座)
  • [[丹下左膳]] 飛燕居合斬り(1966年、東映京都)
  • [[御用金]](1969年、フジテレビ・東京映画)
  • 出所祝い(1971年、東京映画)

原作・脚本

  • 牙狼之介(1966年、東映京都)スクリプター
  • 牙狼之介 地獄斬り(1967年、東映京都)
  • 暴力街(1974年、東映東京)
  • 十手舞(1986年、松竹・五社プロ・映像京都)

原案

  • 暴力街(1974年、東映東京)
  • 牙狼之介地獄斬り(1967年、東映)

関連項目

外部リンク・参考文献

  • 『さよならだけが人生さ – 五社英雄という生き方』五社巴 ASIN: 4062063611
  • 外部链接