坂本龙一

照片 :
照片描述 : 日本音乐家坂本龙一
中文名 : 坂本龙一
英文名 : Ryuichi Sakamoto
出生年 : 1952年
出生日 : 1月17日岁)
出生地 : 日本东京
国家/地区 : 日本
职业1 : 配乐师
职业2 : 演员
首字母 : B
条目星级 : ★★

坂本龍一(さかもと りゅういち),1952年1月17日-,日本音乐家、配乐家、作曲家和演员

介绍

东京都中野区出生,自小就学习古典音乐,毕业于东京艺术大学研究所,主修电子音乐及民族音乐,渐露头角始于他与细野晴臣以及高桥幸宏组建的合成器摇滚乐队Yellow Magic Orchestra(YMO);该乐队在80年代晚期和90年代早期对acid house和techno运动有着开创式的影响。他和大卫·西尔维安(David Sylvian)合作了一系列单曲和大部分西尔维安的专辑。

(以下日文资料待翻译)

坂本龙一于1952年出生于东京中野区。父亲坂本一龟是一名编辑,并且曾经负责过三岛由纪夫和野间宏等人。母亲是一位帽子设计师。他从三岁起学习钢琴。在依照自由学园幼儿生活团那样的世田谷幼儿生活团的时期,创作了最初的作曲作品《兔子之歌》。在十岁的时候拜东京艺术大学的松本民之助为师,开始学习作曲。

坂本龙一从1959年开始生活在东京世田谷区的给田,依次读过世田谷区立祖师谷小学与世田谷区立千岁中学,并于1970年毕业于东京都立新宿高等学校(和盐崎恭久、野中直子同届)。他在新宿高中时的爱好是读书,常常在学校图书馆的借书榜上排名前十以上。并且他也沉迷于学生运动。高一的时候,关于作曲上的才能,高中的前辈池边晋一郎曾对他打下过“就是现在,你也完全能考上东京艺术大学”这样的包票。坂本龙一也考虑过如果东京艺术大学落榜的话,就去父亲的母校——日本大学艺术系,理由是:“因为当时日本大学的全共斗运动是最激烈的。”1970年他考入东京艺术大学。在大学期间,民族音乐学研究泰斗小泉文夫的课对他现在的曲风有一定影响。但是,由于小泉本人是不作曲的,所以也不能说在作曲技法上受到了影响。此外,他用了一年左右的时间学习现代音乐家三善晃。

渋谷で開かれる高橋悠治の勉強会に高校・大学を通して顔を出している。在学中に電子音楽に出会う。1974年東京藝術大学の音楽学部作曲科を経て、1976年同大学院音響研究科修士課程を修了。

1975年、大学院在学中に新宿ゴールデン街で意気投合したという友部正人の『誰もぼくの絵を描けないだろう』にピアノで参加。スタジオミュージシャンとしてのキャリアをスタートさせる。翌1976年、竹田賢一と「学習団」という芸術-実践の運動体を組織し、竹田のプロデュースの下、はじめてのアルバム『ディスアポイントメント-ハテルマ』(土取利行とのコラボレーション]])を発表。以降、りりィのバックバンド(バイバイセッションバンド)に所属した他、初期の山下達郎の楽曲(「2000トンの雨」「パレ-ド」など)、大瀧詠一のアルバム『Niagara Triangle vol.1』などにキーボードとして参加。この時期を、後に坂本はアルバイト時代と呼んでいる。

1978年、細野晴臣、高橋幸宏とともに「イエロー・マジック・オーケストラ」(以下YMOと表記)を結成、活動を開始する。同時期、坂本初のソロアルバム『千のナイフ』をリリースし、ソロ・デビューも果たす。またこの年、風の旅団の前身となるテント劇団「曲馬館」の音楽にも参加した。翌1979年にはYMOと並行する形で渡辺香津美、矢野顕子、小原礼、村上秀一、本多俊之らとセッションユニットKYLYNや、ほぼ同じメンバーで、各パート二人ずつで演奏技術を競わせるというコンセプトのカクトウギセッションでの活動を行う。また一部の楽曲で第二ピアノを演奏した高橋悠治のLP『新ウィーン楽派ピアノ音楽集成』が発表された(後に『新ウィーン楽派ピアノ作品集』としてCD化。また参加楽曲シェーンベルク「四手のための六つの小品」は坂本のアルバム『フェイヴァリット・ヴィジョンズ』にも収録されている)。同年から1980年にかけて、YMOは2度にわたるワールドツアーを実施。

YMOとしての活動の傍ら、1981年よりNHK-FMにて「サウンドストリート」のパーソナリティを務める。担当していた火曜日ではアマチュアミュージシャンから送られるテープを番組内で放送する「デモテープ特集」が不定期に行われていた(この番組にテープを送っていたリスナーで後にメジャーデビューしたのが、ジュラン、テイ・トウワ、槇原敬之らであり、またステッピン・イントゥ・エイジアでラップを担当した浅野智子もこの特集がきっかけで、同曲のレコーディングに参加することになった。ここで流された曲の一部が後に「DEMO TAPE-1」としてCD化されている)。1982年には、RCサクセションの忌野清志郎と組んでシングル『い・け・な・いルージュマジック』をリリース。資生堂82春のキャンペーンソングとしてヒットする。TVでは、どぎつい化粧をした男同士でキスをするなど、過激なパフォーマンスを展開した。またこの年、矢野顕子と結婚。

1983年公開の映画『戦場のメリークリスマス』には、大島渚監督の依頼により、ヨノイ大尉役で出演。出演の条件として音楽を担当した。同作がカンヌ国際映画祭に出品された際に、映画監督ベルナルド・ベルトルッチと出会い、これが映画『ラストエンペラー』への布石となる。この年、デヴィッド・シルヴィアンと組んでシングル「禁じられた色彩」をリリースした。同年、YMOは「散開」(解散)する。

1984年、矢野顕子らとMIDIレコードを設立。レーベル「school」を立ち上げる。1986年には初のソロ・コンサート「メディア・バーン」を全国24カ所(28公演)で行う。翌1987年、映画『ラストエンペラー』公開。坂本は甘粕正彦満映理事長役で俳優として出演し、音楽をデイヴィッド・バーン、コン・スーとともに担当。これによりゴールデングローブ賞を日本人で初めて受賞し、アカデミー賞作曲賞も受賞する。以後、映画音楽作家としての地位を確立する。ちなみに、溥儀役のジョン・ローンとは、敵役同士という間柄の役作りの為に、撮影中は一言も口を利かなかったという(「夜のヒットスタジオ」より)。

1989年、海外戦略のためヴァージン・レコードに移籍する(しかしセールス的な成功を収めることはなかった)。後にEMIのヴァージン・レコード買収により契約を主導したヴァージン・アメリカの社長の辞任にともなって契約を解消。1990年4月からは、音楽の拠点をニューヨークに移す。1992年にはバルセロナオリンピック開会式のマスゲームの音楽を作曲、自らも会場でオーケストラを指揮した。依頼料は1ドル。このときの楽曲は若干アレンジされ、後に「El Mar Mediterrani」として発表された。高橋幸宏によると「非常に嫌々やっていた」。1993年、YMO「再生」(再結成)。アルバム『テクノドン』を発表し、6月には東京ドームにて2日間だけのライブを行う。

1994年には契約地域を分割し、日本ではフォーライフ・レコードに移籍し、レーベル「güt(グート)」を設立。日本国内での活動を活発にした。日本以外の海外地域ではエレクトラと契約。1995年、ダウンタウンの変名音楽ユニット「ゲイシャガールズ(GEISHA GIRLS)」をプロデュース。以降、彼らとの親交を深め「ダウンタウンのごっつええ感じ」ではコント「アホアホマン」に出演、アホアホブラザー役でエキセントリックな一面を見せ、視聴者の度肝を抜いた。

1998年、エレクトラとの契約を解消し海外地域ではSONY CLASSICALと契約、日本ではワーナーミュージック・ジャパンに移籍。翌1999年、製薬会社三共のCMに用いられたピアノソロ曲「エナジー・フロー」を収録したマキシシングル「ウラBTTB」がミリオンセラーとなり、インストゥルメンタルとしては初のオリコンチャート1位を記録した。また、自身初となるオペラ『LIFE』を公演。

この頃には矢野顕子との夫婦仲は実質的に破綻していたとされ、テレビ番組「おしゃれカンケイ」において愛人とその女性との間にいる子供の存在を認め、坂本美雨から「お母さん(矢野顕子)のほかに好きな女性がいるのか」と問い詰められたエピソードも披露している。また「子供は4人」と語り、矢野顕子との結婚前に学生結婚していた女性との間にも子供がいることも明かしている(4人のうち1人は矢野顕子の連れ子で、坂本と養子縁組はしているが血縁関係はない)。

2001年、TBS50周年特別企画番組「地雷ZERO 21世紀最初の祈り」に出演。同番組の企画において、親交のある国内外のアーティスト達を起用し、地雷除去のためのチャリティーソング「ZERO LANDMINE」を作曲、リリースした。同年にはボサノバトリオ「Morelembaum2/Sakamoto」を結成し、アルバム『Casa』を発表。このトリオとしての活動、及び坂本がこれまで自身の音楽にボサノバを取り入れてきたことなどが評価され、翌2002年、日本とブラジルの友好化に寄与したとして、ブラジル政府より国家勲章を授与される。2003年には、この年4月にオープンした六本木ヒルズのテーマソング「the land song-music for Artelligent City」を発表。

2006年11月6日、エイベックスと新レーベル「commmons」を共同設立。この年、矢野顕子と離婚。2007年3月10日~5月28日、高谷史郎と共に、オペラ「LIFE」をベースにしたインスタレーション作品「LIFE – fluid, invisible, inaudible …」を山口情報芸術センターにて展示。3月10日にはオープニング・コンサートを行った。9月15日~11月4日、東京のNTTインターコミュニケーション・センターでも展示。9月15日には、浅田彰、中沢新一を交えてのアーティスト・トークに加え、オープニング・コンサートを行った。またこの年は細野晴臣と高橋幸宏との活動が活発になる。2月にキリンラガービールのCMにYMOとして出演。同時に「RYDEEN 79/07」をリリース。5月19日には「ヒューマン・オーディオ・スポンジ」(HAS)としてチャリティーライブを行う。さらに7月7日には「ライブ・アース」にYMOとして出演。8月22日には「HASYMO(ハシモ)」名義で新曲「RESCUE」をリリース。

オリエンタリズムを感じさせる作風と初期の作品に見られた現代音楽の手法を用いた斬新さ、独特の風貌と知的な発言が固有の存在感を生み、多くのファンを獲得。これまでに映画やCMにも多数出演している。

电影配乐记录

坂本龙一在大岛渚1983年的影片《圣诞快乐,劳伦斯先生》(Merry Christmas, Mr Lawrence)中出演一角,此片的演员有英国摇滚歌手[[大卫·鲍伊]]北野武等。他还为此片写了电影音乐,其中由西尔维安演唱的主题曲“禁色”(Forbidden Colour)引起了一定的轰动。1987年,他为[[贝纳托·贝托鲁奇]]的影片《[[末代皇帝]]》所作的音乐获得了[[奥斯卡]]奖。他还为[[阿莫多瓦]]的影片《高跟鞋》(High Heels)以及[[奥利佛·斯通]]的《野棕榈》(Wild Palms)作曲,此外,[[基努·李维斯]]主演的《小活佛》(The Little Buddha)及大岛渚的闭门之作《[[御法度]]》之电影配乐,亦出自坂本之手。

电影之外

1992年,坂本与纽约音乐怪客DJ Spooky为超过十亿观众通过电视收看的巴塞罗那奥运会开幕仪式谱曲。

言论

琐闻

  • 坂本龙一前妻是日本钢琴家兼歌手矢野显子,并与她合作了一些她的专辑,女儿为[[坂本美雨]]中谷美纪为其得意弟子,与其合作作品有《砂之果实》。
  • 坂本从学生时代起即积极投入社会运动,大学时代曾在武满彻的表演现场发放反武满彻的小册子,后来与武满彻深谈之后却成为忘年之交,并于武满彻过世后,于BTTB中以一曲Opus纪念他。

链接