增村保造

照片 :
照片描述 :
中文名 : 增村保造
英文名 : Yasuzo Masumura
出生年 : 1924年
出生日 : 8月25日
出生地 : 日本山梨县甲府市
逝世 : 逝世
逝世年 : 1986年
逝世日 : 11月23日
逝世地 :
国家/地区 : 日本
职业1 : 导演
首字母 : Z
条目星级 : ★

增村保造(増村 保造/ますむら やすぞう),日本电影导演,效力[[大映]]映画,以偏锋题材闻名,镜头下的主角多是充满精力、行为乖张、追求情欲自主的人物,与当时充斥着一片感伤气氛的日本影坛背道而驰。50年代曾到意大利留学,深受欧洲新写实主义电影的风格所影响。回到日本后加入[[大映]],曾是沟口健二的助导。增村保造虽比[[日本电影新浪潮]]导演较为年长(如大岛渚筱田正浩等)。但就拍摄手法、题材与思维而言,他也被定位为日本电影新浪潮的其中一员。

生平

出生于日本山梨县甲府市。就读于旧制第一高等学校、东京大学法学部,精英道路畅达无阻。三岛由纪夫也是其在东大法学部时代的故知。

1947年作为助理导演进入大映,同时进东大文学部哲学科深造。1952年留学意大利。回国后成为沟口健二(《[[杨贵妃]]》与《[[赤色地带]]》)与[[市川崑]](《[[处刑的房间]]》、《[[日本桥]]》、《[[满员的电车]]》)的副导演。1957年以处女作《接吻》崭露头角。从第二部导演作品《青空娘》开始和若尾文子携手,创作了《妻は告白する》《清作の妻》《「女の小箱」より 夫が見た》《赤い天使》等重要的佳作。此外,增村执导的《兵隊やくざ》(按:やくざ即yakuza,流氓地痞黑社会)《陸軍中野学校》l两片,分别是[[胜新太郎]]市川雷藏超人气系列片的发轫之作。可谓大映鼎盛期的支柱人物。

增村保造对于电影有着深刻的认识,这使得他在日本影坛一开始就是以电影导演影评人的双重身份而存在。 1958年,他在杂志《映画評論》3月刊上发表「ある弁明(一种辩解)」的评论文章。主张“本人的电影,是为给日本电影塑造现代人物像而作”,并对成濑巳喜男、今井正等当时的电影巨匠进行了猛烈批判。{注:该文收录在佐藤忠男、岸川真编著的「『映画評論』の時代」(カタログハウス)P.200~}

[[大映]]倒闭后,增村在ATG导演了《大地の子守歌》《曽根崎心中》两作。另外,和勝新太郎的团队合作,着手制作后期代表作《新兵隊やくざ — 火線》。

1970年代,以大映电视为中心,一手承担了《保镖》、《赤色出击》等「赤いシリーズ(赤色系列)」、《スチュワーデス物語(空姐物语)》等电视剧的剧本和导演工作。1980年,导演了日本和意大利的合拍片《伊甸园》。

1986年11月23日,脑出血逝世,享年62岁。

电影风格

一生留下57部作品,表现“拥有强烈的自我意识,为爱憎不畏一死的个人主义”,与欧洲的人性观一脉相承。通过现代而大胆的导演手法,创造出令人耳目一新的日本电影。

作品年表

导演作品


くちづけ(1957/大映東京)
青空娘(1957/大映東京)
暖流(1957/大映東京)
氷壁(1958/大映東京)
巨人と玩具(1958/大映東京)
不敵な男(1958/大映東京)
親不孝通り(1958/大映東京)
最高殊勲夫人(1959/大映東京)
氾濫(1959/大映東京)
美貌に罪あり(1959/大映東京)
闇を横切れ(1959/大映東京)
女経 第一話 耳を噛みたがる女(1960/大映東京)
からっ風野郎(1960/大映東京)
足にさわった女(1960/大映東京)
偽大学生(1960/大映東京)
恋にいのちを(1961/大映東京)
好色一代男(1961/大映東京)
妻は告白する(1961/大映東京)
うるさい妹たち(1961/大映東京)
爛(1962/大映東京)
黒の試走車(1962/大映東京)
女の一生(1962/大映東京)
黒の報告書(1963/大映東京)
嘘(オムニバス・第1話プレイガール)(1963/大映東京)
ぐれん隊純情派(1963/大映東京)
現代インチキ物語 騙し屋(1964/大映東京)
「女の小箱」より 夫が見た(1964/大映東京)
卍(1964/大映東京)
黒の超特急(1964/大映東京)
兵隊やくざ(1965/大映東京)
清作の妻(1965/大映東京)
刺青(1966/大映京都)
陸軍中野学校(1966/大映東京)
赤い天使(1966/大映東京)
妻二人(1967/大映東京)
痴人の愛(1967/大映東京)
華岡青洲の妻(1967/大映京都)
大悪党(1968/大映東京)
セックス・チェック 第二の性(1968/大映東京)
積木の箱(1968/大映東京)
濡れた二人(1968/大映東京)
盲獣(1969/大映東京)
千羽鶴(1969/大映東京)
女体(1969/大映東京)
でんきくらげ(1970/大映東京)
やくざ絶唱(1970/大映東京⇒ダイニチ映配)
しびれくらげ(1970/大映東京⇒ダイニチ映配)
遊び(1971/大映東京⇒ダイニチ映配)
新兵隊やくざ 火線(1972/勝プロ⇒東宝)
音楽(1972/行動社=ATG)
御用牙 かみそり半蔵地獄責め(1973/勝プロ⇒東宝)
悪名 縄張荒らし(1974/勝プロ⇒東宝)
動脈列島(1975/東京映画⇒東宝)
大地の子守唄(1976/行動社=木村プロ⇒松竹)
曽根崎心中(1978/行動社=木村プロ=ATG)
エデンの園 Giard dell ‘Eden(1980/白信商事=オルソ・オリエンタル・コーポレーション⇒日本ヘラルド)
この子の七つのお祝いに(1982/松竹=角川春樹事務所)

剧本


ザ・ガードマン
第2話「黒い微笑」
第6話「ガラスの太鼓」
第11話「現金輸送車襲撃」
第13話「白昼の逃亡」
第16話「ガードマンを罠にかけろ」
第18話「裸の欲望」
第20話「私は殺される」
第22話「地上21階の襲撃」
第27話「不適な逃亡者」
第29話「赤い罠」
第33話「闇に笑う」(菊山栄二との共作)
第36話「醜聞」
第39話「わたしは人殺しなの」
第40話「結婚と微笑」
第41話「とんでもない季節」(菊山栄二との共作)
第42話「女の青い炎」
第45話「女は見ていた」
第50話「逃亡と裏切り」
第52話「バラ色の人生」
第70話「大空の死闘」(菊山栄二との共作)
第77話「鍵のなかの死刑台」
第84話「ハートで盗め」(尾崎悠との共作)
第96話「アムステルダムの女」
第105話「国際会議全滅作戦」
第109話「忘れられない顔」
第117話「おしゃべりは死を招く」
第121話「魔性の女」
第122話「地獄で会った四人の男」
第123話「現代牡丹灯籠」
第147話「交通殺人」(藤森明との共作)
第149話「雪女」
第157話「ガードマンパリで大奮戦」
第158話「ガードマンスイス追撃作戦」
第165話「生きたまま火葬にしてネ」(尾崎悠との共作)
第167話「停年殺人」(清水啓司との共作)
第175話「悪女が目をさます旅」(藤森明との共作)
第178話「生と死の谷間」(清水啓司との共作)
第192話「人殺しへの脱走」(藤森明との共作)
第197話「集団誘拐」(藤森明との共作)
第200話「殺人者に明日はない」(加瀬高之との共作)
第213話「死の穴」(清水啓司との共作)
第217話「教育ママ殺人事件」
第219話「魔の13日金曜の連続殺人」(藤森明との共作)
第222話「怪談・吸血鬼」(清水啓司との共作)
第252話「俺の女房は悪魔のお使い」
第254話「マンションは女の戦場」
第256話「アムステルダム空港の女」
第265話「離婚孤児争奪戦」(山浦弘靖との共作)
第289話「蝶々の惚れた男で苦労する」
第295話「女の出世は結婚サ!」(藤森明との共作)
第296話「走れ蒸気機関車!恐怖の逃亡者」(山浦弘靖との共作)
第317話「恋人を殺して姉弟心中」(藤森明との共作)
第318話「夫を盗まれた妻の復讐」
第323話「大凶!恋占い連続殺人」(藤森明との共作)
第324話「ズッコケ娘にホトホトまいった」(藤森明との共作)
第335話「16歳で結婚!女はつらいネ」(藤森明との共作)
第348話「今晩ワ!私は死のセールスマン」(今子正義との共作)
第349話「16歳の花嫁に夫が二人!?」(藤森明との共作)
第350話「さよならガードマン!また逢う日まで」(藤森明との共作)

参考书目

外部链接

  • 增村保造
  • 标签:

    编者介绍

    评论关闭