大林宣彦

照片 :
照片描述 : 日本导演大林宣彦
中文名 :大林宣彦
英文名 :Nobuhiko Obayashi
出生年 :1938年
出生日 :1月9日岁)
出生地 :日本广岛
国家/地区 :日本
职业1 :导演
职业2 :编剧
首字母 :D
条目星级 : ★

大林 宣彦(おおばやし のぶひこ),日本电影电影导演1938年1月9日出生于日本电影广岛。他本人自称是“电影作家”。广岛县尾道市土堂出身。广岛县立尾道北高等学校毕业,成城大学文艺系学部中途退学。从2006年4月起担任尚美学园大学研究生院艺术信息研究科教授。2007年4月起担任仓敷艺术科学大学艺术系媒体影像学科客座教授。

其妻是电影制片人[[大林恭子]]。长女大林千茱萸自称“电影感想家”,一面写作,一面参与电影制作。剧作家,戏剧导演平田ORIZA是其外甥。

他是独立电影的先驱者,既是广告导演,又是电影导演。可以称得上是站在日本影像史最前端的开拓者,“影像的魔术师”。

生平

大林宣彦出生于医生世家,是家中的长子。虽然广岛县尾道市是其家乡,他还为此拍摄过著名的“尾道三部曲”,但据他自己在一些演讲场合的描述,他出生时父亲正在冈山医科大学任职,因此诞生地其实是在冈山市内。父亲出生于福山市,曾担任过尾道市医师会长与尾道市教育委员长。母亲是茶道“里千家”的教授。

大林宣彦2岁时就开始摆弄白铁皮的放映机,6岁时则已能在胶片上画画来制作动画(那时他所制作的《胡涂先生》后来被改编成了由[[三浦友和]]所主演的电视剧与电影)。15岁时,大林参观了小津安二郎拍摄《东京物语》的现场,16岁的暑假在读过福永武彦的《草之花》后又大受感动。这些经历使得他产生了制作犹如肖邦钢琴曲一般的电影的想法,而这个想法也在30年后的《寂寞小仙》一片上得以实现。

大林于1956年来到东京,在成城大学就读期间发表了不少8毫米作品,也早早树立起了其作为独立电影先驱者的地位。1960年,他从大学中途退学。1963年时,他的首部16毫米作品《吃过的人》在比利时国际实验电影节上获得评委会特别奖。而其《尾道》、《中山道》、《吃过的人》、《Complexe=微热的玻璃或附和着悲伤的饶舌华尔兹的送葬队列的散步道》、《EMOTION=传说的午后=某时看到的德古拉》等一系列影片更是趁着地下文化风潮的流行而引起过不小的反响。

60年代後半からは草創期のテレビ[[コマーシャル]](CM)にCMディレクターとして本格的に関わり始め、あまりのヒットに社名を変更した[[チャールズ・ブロンソン]]の「[[マンダム]]」、ラッタッタのかけ声で話題を呼んだ「[[ホンダ]]ロードパル」の[[ソフィア・ローレン]]、「[[ユニリーバ・ジャパン|ラックス化粧品]]」の[[カトリーヌ・ドヌーヴ]]、「[[レナウン]]・シンプルライフ」の[[リンゴ・スター]]などの起用で、今日に続く海外スター起用のCMの先駆けとなり、また[[山口百恵]][[三浦友和]]コンビの「[[グリコ]][[チョコレート|アーモンドチョコレート]]」、[[高峰三枝子]][[上原謙]]の「[[国鉄]]フルムーン」など10年間で製作したテレビCMは2000本を越え、テレビCMを新しい映像表現として確立したとされる。また、自身も九州電力のCMに出演したことがある。

1977年の『[[HOUSE]]』で商業映画に進出。実写とアニメの合成など様々な特撮を使って見せる華麗な映像世界は、世の映画少年を熱狂させた。また従来、監督は[[助監督]]を経験してからなるものであったが、助監督経験なし、自主映画出身、CMディレクター出身という新たな流れを生み出し(この流れから自主映画出身者として[[大森一樹]]森田芳光、CM出身者として[[市川準]]らが出た)、日本映画を活性化させた。先達として自主映画仲間の高林陽一らが存在するものの自己プロダクション+ATGという経路であり、いきなりメジャーの東宝映画でデビューというのは当時画期的であった。メディアを巧みに動員した大林自身の自己プロモートに加え、当時副社長(のち社長、会長)の松岡功と、東宝撮影所のボス的立場にあったベテラン岡本喜八監督の口添えが大きかったといわれる。同年の『[[ブラック・ジャック (実写版)|ブラック・ジャック 瞳の中の訪問者]]』と共に[[ブルーリボン賞 (映画)|ブルーリボン賞]]新人賞受賞。

1982年、自身の郷愁を込めて尾道を舞台とした『[[転校生]]』を発表。『[[時をかける少女 (1983年の映画)|時をかける少女]]』、『[[さびしんぼう]]』と合わせ”[[尾道三部作]]“として多くの熱狂的な支持を集め、ロケ地巡りのファンを増やした。これらは、才気が奔出するあまりに一部評論家からは「お子様ランチ」「おもちゃ箱」と酷評されることもあった初期作品に比べると、落ち着きと詩情を湛えて評価も高く、映画作家としてひとつの頂点を築くこととなった。また、これらの映画作りには、地元尾道を中心とした多くの賛同者の協力があり、近年全国的に拡がる「[[フィルム・コミッション]]」の先駆としても評価されている。

その後も数多くの作品を世に送り出している。

言论与琐闻

作品年表

  • [[EMOTION 伝説の午後 いつか見たドラキュラ]]」(1967年3月8日公開)
  • [[HOUSE ハウス]]」(1977年7月30日公開、[[東宝]]) 兼製作
  • [[ブラック・ジャック (実写版)|瞳の中の訪問者]]」(1977年11月26日公開、[[ホリプロ]]/東宝) 兼出演
  • [[ふりむけば愛]]」(1978年7月22日公開、東宝)
  • [[金田一耕助の冒険]]」(1979年7月14日公開、[[東映]]
  • [[人はそれをスキャンダルという]]」第1回(1979年11月21日放送、[[TBS]])
  • [[ねらわれた学園 (映画)|ねらわれた学園]]」(1981年7月11日、東宝)
  • [[転校生]]」(1982年4月17日公開、[[松竹]]
  • [[可愛い悪魔]]」(1982年8月10日放送、[[日本テレビ]]
  • [[時をかける少女 (1983年の映画)|時をかける少女]]」(1983年7月16日公開、東映) 兼脚本/編集
  • [[麗猫伝説]]」(1983年8月30日放送、日本テレビ)
  • [[廃市]]」(1984年1月2日公開、ATG) 兼プロデューサー/企画/編集/作曲
  • [[少年ケニヤ]]」(1984年3月10日公開) 兼編集
  • [[天国にいちばん近い島]]」(1984年12月15日公開、東映) 兼潤色/編集
  • [[さびしんぼう]]」(1985年4月13日公開、東宝) 兼脚本/編集
  • [[姉妹坂]]」(1985年12月21日公開、東宝)
  • [[彼のオートバイ、彼女の島]]」(1986年4月26日公開、東宝) 兼編集
  • [[四月の魚]]」(1986年5月31日公開、[[ジョイパックフィルム]]) 兼企画/脚本/編集
  • [[野ゆき山ゆき海べゆき]]」(1986年10月4日公開、ATG) 兼編集/音楽
  • [[漂流教室]]」(1987年7月11日公開、[[東宝東和]]) 兼潤色
  • [[日本殉情伝 おかしなふたり ものくるおしきひとびとの群]]」(1988年3月29日公開、[[アートリンクス]]) 兼脚本/編集
  • [[異人たちとの夏]]」(1988年9月15日、松竹)
  • [[北京的西瓜(ぺきんのすいか)]]」(1989年11月18日公開、松竹) 兼編集
  • [[ふたり]]」テレビドラマ(NHK)版(1990年)
  • [[ふたり]]」(1991年5月11日公開、松竹) 兼編集
  • [[私の心はパパのもの]]」(1992年6月13日公開、[[東北新社]]/[[ギャラクシーワン]]) 兼編集
    • 第16回日本アカデミー賞優秀監督賞
  • [[彼女が結婚しない理由]]」(1992年6月13日公開、東北新社/ギャラクシーワン) 兼編集
    • 第16回日本アカデミー賞優秀監督賞
  • [[青春デンデケデケデケ]]」(1992年10月31日公開、東映) 兼編集
    • 第16回日本アカデミー賞優秀監督賞
  • [[はるか、ノスタルジィ]]」(1993年2月20日公開) 兼脚本/編集
    • 第17回日本アカデミー賞優秀編集賞
  • [[水の旅人 -侍KIDS-]]」(1993年7月17日公開 東宝) 兼編集
    • 第17回日本アカデミー賞優秀編集賞
  • [[女ざかり]]」(1994年6月18日公開、松竹) 兼脚本/編集
  • [[あした]]」(1995年9月23日公開) 兼編集
  • [[三毛猫ホームズの推理 <ディレクターズカット>]](1998年2月14日公開、[[PSC]][[ザナドゥー]]) 兼編集
  • [[三毛猫ホームズの黄昏ホテル]]」(1998年2月21日放送、[[テレビ朝日]]) 兼脚本
  • [[SADA 戯作・阿部定の生涯]]」(1998年4月11日公開)
    • 第48回[[ベルリン国際映画祭]]国際批評家連盟賞
  • [[風の歌が聴きたい]]」(1998年7月17日公開、[[ザナドゥー]]) 兼脚本/編集
  • [[麗猫伝説 劇場版]]」(1998年8月16日公開、[[PSC]]) 兼編集/作曲
  • [[あの、夏の日|あの、夏の日 ~とんでろ じいちゃん~]]」(1999年7月3日公開、東映) 兼脚本
  • [[マヌケ先生]]」(2000年9月30日公開、PSC) 兼原作/脚本
  • [[淀川長治物語・神戸篇 サイナラ]]」(2000年9月30日公開、PSC)
  • [[告別]]」(2001年放送、[[BS-i]]) 兼脚本
  • [[なごり雪]]」(2002年9月28日公開、[[大映]]) 兼脚本/編集
  • [[理由]]」(2004年12月18日公開、[[アスミック・エース]]) 兼脚本
  • 「理由(日テレヴァージョン)」(TVドラマ 2005年)
  • [[転校生_-さよなら_あなた-]]」(2007年6月23日公開、角川映画) 兼脚本/潤色/編集/撮影台本
  • [[22才の別れ Lycoris 葉見ず花見ず物語]]」(2007年夏公開、角川映画) 兼脚本

参考书目

相关链接

标签:

编者介绍

评论关闭