松田优作

照片 :

照片描述 : 英年早逝的松田优作

中文名 : 松田优作

英文名 : Yusaku Matsuda

出生年 : 1950年

出生日 :9月21日

出生地 : 日本山口县下关市

逝世 : 逝世

逝世年 : 1989年

逝世日 : 11月6日

逝世地 : 日本东京

国家/地区 : 日本

职业1 : 演员

首字母 : S

条目星级 : ★★

松田优作(日文:松田 優作/まつだ ゆうさく,1950年9月21日1989年11月6日),日本著名男演员,在日朝鲜裔后代。因膀胱癌英年早逝,其儿子为[[松田龙平]][[松田翔太]]

介绍

松田优作的出生年份为1949年,但因为出生登记提交得太晚,故在户籍上为1950年9月21日出生。

他在刑侦连续剧《向太阳怒吼》中的演出使他大受欢迎。从1970年代后半开始,他以动作明星的形象主演了角川映画和东映中心电影制片厂等出品的一些电影作品,并以此为出发点,在1980年代开始也作为演技派明星被认同。他所主演的电视剧《侦探物语》等对后来者的影响极大,影迷之间都以“先生”、“大人”来称呼他,并且他也没有什么外号,而是被满怀敬意地唤作“优作”。也有看法认为他是整个1980年代日本最重要的电影演员之一。

经历

  • 1949年9月21日 -出生在山口县下关市,他的父亲是日本人,母亲是韩国人。他有2个异父的哥哥,在妓院区那样的环境中作为私生子由母亲养大。
  • 1967年 – 在下关市第一高等学校(现:山口县立下关中等教育学校)读到第2年时中途退学,投靠了住在美国的姑母,并立志成为律师而进入海滨(Seaside)大学附属高中就读。
  • 1968年 – 9月从美国高中退学回国。他没有返回下关,而是寄食在东京的哥哥家中。并中途编入了东京都丰岛区的私立丰南高等学校夜间部普通科,成为了4年级生。
  • 1969年- 3月高中毕业。他住在下关的时候,当地是个渔民城镇,蛮横不讲理的人很多,当时个子已经很高的松田经常因为一些事和当地人打架,因此中学时代就开始学习空手道。回国以后,经常到极真会馆池袋本部道场练习,是极真空手道二段。这些经历也被他发挥到了后来的武打动作戏中。这一年,他在岸田森与草野大悟所演出的剧团“六月剧场”里做后台工作人员,受了这两位不小的影响。因这两人都是文学座话剧团出身,所以松田也开始考虑进入文学座。
  • 1971年 – 3月参加了文学座的考试,结果不合格,另外他还参加了其他各种剧团的考试,最后成为了“marui”演剧教室(金子信雄主持)的学徒。在这里,他邂逅了后来成为他妻子的美智子。
  • 1972年 – 3月,继去年之后继续挑战文学座的考试,合格。成为了文学座附属演技研究所十二期学生。当时的文学座中,和他同期的有阿川泰子和高桥洋子,还有高他两期的前辈[[桃井薰]],第二年,低他一期的后辈[[中村雅俊]]也考了进来。同年6月,他为了集中精力做一名演员,从关东学院大学文学部退学。这个时期,他参加了特摄英雄片《突击!人类!!》的主角甄选。另外,在1969年左右他还默默无闻地在新宿(Torisuba”Rock”)做调酒师的时候,结交了作为客人前来的菱美百合子(《赛文奥特曼》中饰演友里安奴队员)、原田大二郎以及村野武范等人,并深入交往。

松田加入文学座后,村野作为剧团中4期前辈的身份,当听说自己主演的电视剧《起飞吧!青春》的制作人,日本电视台的冈田晋吉在寻找新人演员的时候,就把松田推荐给了他。这件事与他后来被提拔到《向太阳怒吼》中也有关系。之后,松田又向为《我们的青春!》寻找主演的冈田推荐了自己的后辈[[中村雅俊]]。另外,根据冈田所著书中的说法,村野推荐松田的理由并非出于对他演技的肯定,而只是因为打麻将输给了松田。

  • 1973年7月20日 -开始在人气刑侦连续剧《向太阳怒吼》中饰演一名牛仔裤警察,他在此剧中的活跃一度成为话题。另外,他在《牛仔刑事篇》最终回的殉职场景中大呼:“这是什么啊!”(准确的说,应为“什么啊啊啊。。。”,之后继续其他台词),其演技引起了极大的反响,在用魅力征服了众多人的同时,也借此机会一跃成为动作明星。直到现在,这句台词仍被认作是松田优作的代名词,并多次被模仿。此外,在正式出演《太阳》一剧前,松田在试演中也曾与通心粉警察([[萩原健一]])一起演出过。另外,根据冈田的书中所写,当初冈田并未准备让松田演《向太阳怒吼》一剧,而是准备启用他演出另外一部青春电视剧。然而,由于萩原申请退出《向太阳怒吼》,松田才被作为萩原的后备被启用。
  • 1973年 – 凭借东宝的电影《狼的纹章》在大银幕出道。
  • 1974年 – 8月に『太陽にほえろ!』への出演終了。番組プロデューサーの岡田は松田の次期作として、中村雅俊とダブル主演のドラマ『俺たちの勲章』の準備を始めた。その間、10月4日スタートの『赤い迷路』に出演し、山口百恵、中野良子、宇津井健らと共演。このドラマでも最期に死んでしまう役を演じる。
  • 1975年 – 3月、雑誌記者を殴ったことが表ざたになる。4月から『俺たちの勲章』放映開始、7月にはロケ先で喧嘩騒動を起こす。
  • 1976年 – 1月、前年7月の喧嘩騒ぎでは示談が成立していたが、警察から出頭要請があり傷害容疑で逮捕。1週間で釈放となるが、新聞やテレビ等マスコミには大きくバッシングされることとなり、その後しばしの謹慎生活となる[3][6]。
  • 1976年 – 東映『暴力教室』で映画復帰。初の時代劇となる大映映画『ひとごろし』で主演。
  • 1977年 – 角川映画『人間の証明』棟居刑事役で主演。刑事ドラマ『大都会 PARTⅡ』でテレビに本格復帰。
  • 1978年 – 村川透監督の東映セントラルフィルム映画「遊戯シリーズ」第一作『最も危険な遊戯』主演。この映画でプロデューサーの黒沢満と出会う。(同年『殺人遊戯』翌年『処刑遊戯』)
  • 1979年 – 村川透監督角川映画『蘇える金狼』主演。(翌年『野獣死すべし』)。10月からは初の単独主演ドラマ『探偵物語』開始、後年の再放送などで名作として高い人気を得る。この頃多くのアクション映画に主演し、ボブ・ディランをもじった朴李蘭の名で、劇団の旗揚げも行う。
  • 1980年 – 所属していた『六月劇場』から独立し、個人事務所「夢屋」を設立。
  • 1981年 – 鈴木清順監督映画『陽炎座』出演、それまでと違い、アクションを求められない演技に葛藤を重ね、役者としての転機となる。また、黒沢満にマネージメント業務を依頼し、交際していた熊谷美由紀とともに、黒沢が代表を務めている映画制作会社『セントラル・アーツ』に所属することとなった。12月に妻・美智子と離婚届けを送付する。
  • 1983年 – 森田芳光監督映画『家族ゲーム』で、それまでの”アクションスター”イメージを一新する役柄を演じる。長男誕生を期にかねてから同居していた熊谷美由紀(現・松田美由紀)と入籍する。
  • 1986年 – 映画『ア・ホーマンス』制作途中で、監督との方針の違いに喧嘩となり監督が降板、松田自らがメガホンを取ることなり、これが初監督作品となる[7]。しかし、興行的には不調だった。作品内容的には近未来的な状況設定から『ブレードランナー』との類似性を指摘する声が上がったが、松田はこの映画を観ていなかった[8]。やくざが松葉杖を使っていたり、早口であったりと実験的で独特の映像感覚・心理描写・ストイックなアクション表現・音楽やロケーションなどにあふれるアジアテイストなど、独特の作風である。この作品は石橋凌、寺島進の映画デビュー作でもある。ここで役者に開眼した石橋は松田を師と仰ぎ、松田死去後に遺志を継ぐ決心で自らのバンドA.R.B.を解散し役者に専心した。
  • 1988年 – 日本を舞台にしたアメリカ映画『ブラック・レイン』のオーディションが6月から始まり、日本で活躍する300人近い俳優の中から数度のオーディションを経て、9月5日の最終選考にてマイケル・ダグラスとの実演選考の結果、松田の出演が決定しハリウッドデビューの運びとなる。このころ、血尿が出るのが気にかかった為、9月27日に西窪病院(現在の武蔵野陽和病院)に入院、10日後に退院。検査の結果、松田自身が癌の告知を受けるが、松田はそれほど深刻には受け止めず、不治の病であるとは考えていなかった。この時点では美由紀夫人にも報告しておらず、病気の事実を知る者は、撮影関係者では安岡力也のみであり、周囲にも口止めがされていた。10月31日から大阪で『ブラック・レイン』がクランクイン、12月16日から渡米してのロケ。1週間ほどで帰国し年末年始となるが、松田家での恒例の大忘年会の際には、周囲には風邪気味だと話していたが実際には癌の影響による高熱を出して点滴を打った状態であり、皆と楽しそうに会話を交わすものの、途中で自室に下がり姿を見せなくなるなど調子は万全でない様子であった。[9]
  • 1989年 – 年末年始後、1月6日から再び収録の為に渡米、ニューヨークへ。 3月14日『ブラック・レイン』撮影終了。4月に西窪病院に再度入院、このとき美由紀夫人も松田が癌であることを知ったが、やはりそれが「不治の病」であるとの認識では受け取っていなかった。退院後にはアメリカでの移動の際に必要性を感じた自動車免許取得のため教習所に通い、6月に無事免許取得。夏からは旧知の仲である日本テレビの岡田プロデューサーが企画し、村川透が監督した秋のスペシャルドラマ『華麗なる追跡』の制作が始まったが、撮影中に腰痛の症状を訴え、撮影終了後の9月26日に三たび西窪病院に入院。この時には一人では歩けない状態であった。再検査の結果、癌が骨盤骨から脊髄の一番下まで転移していた。黒沢満はこのときに松田が癌である事を美由紀夫人の口から初めて聞いた。10月5日に病院から特別に許可を取って渋谷での『ブラック・レイン』舞台挨拶に立つはずだったが、会場には到着したものの腰痛がひどく、挨拶に参加できずに病院へと戻っていた。病状は好転せず、11月に入ると松田の盟友とも言える脚本家・丸山昇一にも黒沢の口から「覚悟しておくように」と深刻な状況である事が初めて伝えられた。11月6日午後6時45分に入院先の西窪病院で膀胱癌のため死去。享年41(40歳没)。尚、『ブラック・レイン』は全米興行収入で3週間のあいだ1位になる等の好反応により、松田のマネージメントを請負う黒沢の元にはハリウッドからショーン・コネリーが監督を務めロバート・デ・ニーロと共演する作品のオファーも来ていた。亡くなった翌日放送の『夜のヒットスタジオSUPER』では松田出演時のVTRが流れた後に司会の加賀まりこが涙を流して追悼のコメントを語った。

遺作となったドラマ『華麗なる追跡』は、「世界一速い女」フローレンス・ジョイナーと、「世界で一番速く走っている様に見せられる男」松田の共演、というコンセプトであったが、病魔の為に思うように走れなくなっていた松田は、脚本や演出に手を入れてかなりの改変を加えた。スタッフの中には内心腹を立てた者もいたが、松田の死後にその理由を覚り、後悔したという。法名は天心院釋優道。

人物

  • 関東学院大学在学中、大学文化祭においてニューヨークから来たアングラ劇団「ラ・ママ」が来演。この芝居を観て役者への道を決定づける。そして役者になるため、自分でも嫌っていた一重まぶたを二重まぶたにする整形手術を受ける。手術後、抜糸する金が無く自分で抜糸した。
  • 『太陽にほえろ!』を降板する際、後任の勝野洋へなにかアドバイスをと求められて、「走る姿を研究しろ」と答えたという。実際、彼の演じるジーパン刑事が疾走するシーンは多くのファンを魅了し、「走る」事は同番組の基本コンセプトのひとつとして後々まで受け継がれた。
  • 185センチの長身でタフなキャラクター・抜群の運動神経と長い手足を生かしたその動きはそれまでの俳優にはない独自のものであり、アクション・スタント シーンにスタントマンを使わず、日本のアクション俳優像を刷新した。萩原健一と並んで同時代を代表するスターである。
  • 野性的なルックスや演技でアクションスターとして売れるが、芝居に対しては非常に勉強熱心で、個性派俳優として次第に役の幅を広げていった。強烈なカリスマ性をもつ俳優であり、松田の演じたキャラクターや、本人そのものをイメージした格好を真似る若者を産み、また同業者である後輩にも、彼のスタイルを踏襲した俳優(古尾谷雅人、又野誠治など)を産んだ。漫画『北斗の拳』の主人公ケンシロウも造形面で松田をモデルにしている。
  • 普段のファッションには無頓着で、放っておいたら何を着だすか分からない程(美由紀夫人)だったと言う。近視で、普段掛けていた眼鏡も上部が黒縁の所謂オヤジ眼鏡だった。
  • 性格は短気な傾向があり、興奮すると手が出ることも多かったそうである。ただ、その一方で自分の仲間を非常に大事にし、水谷豊、丸山昇一、山西道広、佐藤蛾次郎など優作と親交が深かった多数の友人が優作の伝記で彼の人となりを熱く語っている。
  • 映画ミッドナイト・ランで主人公が彼の別居している子供に会いに行くシーンを見て、自分も同じ位の年の別居中の子供のことを想い出し泣いてしまったことがある(山口猛「松田優作 炎静かに」より)。
  • 竹中直人が自分の物真似をレパートリーにしていると聞き、目の前でやってみせるよう要求したことがある。プライドが高く短気なところがある松田が怒らないかと周囲は心配したが、真剣に芸を披露する竹中の姿を黙って見た後「お前は面白いなぁ」と声をかけたという。
  • 『野獣死すべし』の主演が決定した際、松田は「役作りをするから一人になる時間が欲しい」と関係者に頼み音信を絶っている。それから一月ほど経った後、松田は頬がこけ(更に際立たせるために奥歯を抜く徹底振りだった)貧相にさえ見えるほど体重を落とした姿で撮影所に現れた。原作のハードボイルドな雰囲気に相応しい屈強な主人公像をイメージしていた監督の村川透はこれに激怒し、「話が違う」と松田を激しく問い詰めた。やがて気の短い松田は村上と言い争いを始め、「ついこの間まで戦場にいた男が程よく太って健康的な姿であるわけが無い」と主張。結果として本作品の象徴ともいえる松田の鬼気迫る表情から出る迫真の演技が生まれることになり、後に村上も松田の(無断ではあったが)役作りを高く評価している。

国籍

他的父亲是日本人,母亲是一名韩国人,他以私生子的身份出生,并且入了韩国国籍。他的韩国名叫做“金优作”(キム・ウジャッ)。在《向太阳怒吼》的出演决定后,他便申请入日本籍。在致当时的法务大臣的入籍动机书上,他写道:“因确定出演电视节目,不想在全国人面前因为自己是韩国姓名这样的理由让任何人失望”。而对朋友们,他则说道:“不想让自己的孩子因为有两个名字而留下痛苦的回忆”。74年,松田归入日本国籍。

家族

  • 1975年9月21日,他与同剧团成员,后来写出《完全饲育》等代表作的作家松田美智子结婚,生下长女后,又由于与女演员熊谷美由纪(现名松田美由纪)之间的婚外情,而与美智子在1981年12月24日离婚。在这种情况下,松田给美智子写了一封短信,希望她为了孩子,在离婚后仍以松田作为姓氏。松田优作是在其主演的连续剧《侦探物语》中与共演的[[熊谷美由纪]]相识的,两人以[[松田龙平]]的出生为契机,于1983年入籍结婚。
  • 他与美由纪依次生下了长子[[松田龙平]]1983年5月9日生),次子[[松田翔太]]1985年9月10日生),长女夕姫(优作去世时仅一岁),现在,长子与次子都作为演员活跃在演艺圈中。

松田优作是山口县下关市人,松田父亲日本人,母亲为韩国人;松田出身当铺家庭,高中、大学皆中辍未毕业,曾于美国居住,

1967年松田优作念高中时他投靠在美国的婶婶家,一年之后回到日本,开始干了二年剧场后台工作。之后在金子信雄剧社里学习表演。

1972年进文学座演员研究所进一步进修,次年毕业加入文学座,同年在《野狼徽章》一片中崭露头角,其高挑身材、潇洒风度和冷峻气质引起了人们注意,同时并因在电视剧《向太阳怒吼》中饰演一名反叛不羁的下级警官而跻身受人欢迎的演员行列。

在《大小孩》中,松田优作首次出演主角,而从《龙马暗杀》等片起,他作为崭新的打斗片英雄人物引起人们关注,特别是《最危险的游戏》后系列打斗片的风靡,很快使这位二段空手道手确立了打斗明星的地位。

80年代

1981年铃木清顺[[阳炎座]]》起,他却一改硬朗铁汉的形象,开始塑造更接近生活的平凡人物,这标志他从打斗派明星发展到了演技派明星。

1983年森田芳光导演的《[[家族游戏]]》一片中,他饰演一个补习教师,清新温馨,获得“最真实表演的好评”并夺得《电影旬报》男主角奖。从此,他一发不可收,一连获得好几个主要的表演奖项。

1985年他再度同森田芳光合作,主演在[[夏目漱石]]原著基础上改编的电影《[[其后]]》,他的演技已炉火纯青。

1986年的《阿霍·曼西》一片,他不仅主演,而且第一次尝试到当导演的滋味。

1988年起,以卓越的演技与响亮的名声为后盾,他开始向电影巨作进军了,无论是吉田喜重的《丘山》(与[[田中裕子]]合演),还是深作欣二的《花之乱》(与吉永小百合合演),均获得了成功。

1989年在《黑雨》B199中,他扮演作恶多端的日本恶势力头目佐藤,活灵活现地刻划了一个冷酷凶残的坏蛋,塑造得令人毛骨悚然,在日本和美国备受瞩目。被公认为很有希望成为国际超级明星的”有望明星”。遗憾的是当他攥着大把片约信时,已在病榻上辗转呻吟了。

1989年11月6日,因膀胱癌去世,享年只有39岁,是公认英年早逝的代表。

作品年表

 

链接

 

标签:

编者介绍

李洋

李洋,北京大学艺术学院教授,中文电影百科创建人,著有《目光的伦理》《迷影文化史》等,主编有“新迷影丛书”,译有《宽忍的灰色黎明》《莱昂内往事》《特写:阿巴斯和他的电影》等。微博:daqihupi

评论关闭