武满彻

照片 :
照片描述 : 日本作曲家武满彻
中文名 : 武满彻
英文名 : Toru Takemitu
出生年 : 1930年
出生日 : 10月8日
出生地 : 日本东京
逝世 : 逝世
逝世年 : 1996年
逝世日 : 2月20日
逝世地 : 日本东京
国家/地区 : 日本
职业1 : 配乐师
首字母 : W
条目星级 : ★

武満 徹たけみつ とおる, 1930年10月8日1996年2月20日)は、[[現代音楽]]の分野において世界的にその名を知られ、日本を代表する[[作曲家]]である。

経歴と作品概論

1930年10月8日[[東京]]で生まれる。生後1ヶ月で、父の勤務先である[[満洲]][[大連]]に渡る。1937年、小学校入学のために単身帰国し、[[東京市]][[本郷区]]の富士前小学校に入学。叔父の家に寄留。1943年、旧制の私立[[京華中学校]]に入学。戦争中に聞いた[[シャンソン]]『聴かせてよ、愛のことばを』に衝撃を受ける。やがて音楽家になる決意を固め、[[清瀬保二]]に師事するが、ほとんど独学であった。[[京華高等学校]]卒業後、[[東京芸術大学]]音楽学部を受験して失敗。無名時代、[[ピアノ]]を買う金がなく、町を歩いていてピアノの音が聞こえると、そこへ出向いてピアノを弾かせてもらっていたという。(それを知った黛敏郎は武満と面識はなかったにもかかわらず自分のピアノを貸し与えた)。
武満が音楽を志したきっかけは、[[防空壕]]の中で聴いた[[オルゴール]]の音色に感動し、創作意欲が沸いたから、という[[逸話]]がある。

1950年[[処女作]]であるピアノ曲『[[2つのレント]]』を発表。今でこそ「世界のタケミツ」としてその名を轟かせる彼であるが、デビュー当時の音楽界は彼の音楽に対して必ずしも好意的でなく、「2つのレント」は当時の音楽評論家の[[山根銀二]]が「音楽以前である」と酷評。映画館の暗闇の中で泣いていたというほろ苦いエピソードも残っている。

1951年、詩人の[[瀧口修造]]の下で、作曲家の[[湯浅譲二]]らとともに多方面の芸術家からなる集団『[[実験工房]]』結成メンバーに加わる(詳しくは該当項目を参照)。この最初期の作風は[[メシアン]][[ベルク]]に強い影響を受けている。協和的な音響を使いながらも従来の調性感覚とは離れており、自由な無調的感覚と言える。「実験工房」内での同人活動として、上述の湯浅譲二や[[鈴木博義]][[佐藤慶次郎]][[福島和夫]]、ピアニストの[[園田高弘]]らと共に、メシアンの研究と[[電子音楽]](広義の意。主にテープ音楽)を手がけた。武満のメシアン研究の成果・影響としては「遮られない休息」「妖精の距離」(いずれも瀧口修造の詩から取られた題名)が挙げられる。また武満はテープ音楽([[ミュジーク・コンクレート]])として「水の曲」「ヴォーカリズムA.I」などを製作し、これらを通して音楽を楽音のみならず具体音からなる要素として捉える意識を身につけていった。

1957年[[結核]]の病床で死を意識しつつ『[[弦楽のためのレクイエム]]』を書く。この作品のテープを、1959年に自作の指揮のために来日した[[イーゴリ・ストラヴィンスキー|ストラヴィンスキー]]がNHKで聴き、「厳しい、実に厳しい。このような曲をあんな小柄な男が書くとは…」と称賛。以後、これをきっかけに周囲の評価は一変、名作・話題作を続々と発表して名を広めることとなる。この時期の作品では特に「樹の曲」「地平線のドーリア」などが挙げられる。

[[1960年代]]前期は、特に管弦楽曲においてクライマックスを目指すヒートアップの方向性が明確に表れる。「アーク」「クロッシング」「アステリズム」などがこれにあたる。この時期には西欧前衛の動向を手中に収め独自の語法として操る術を獲得しているが、特に[[ヴィトルド・ルトスワフスキ]]のアド・リビトゥム書法からの影響が直接的に現れている。もっともこれは結果としてルトスワフスキとの類似となったもので、直接には1960年代初頭に[[一柳慧]]によって日本にその思想が持ち込まれた[[ジョン・ケージ]][[偶然性の音楽]]の影響が強い。日本にケージ・ショックが巻き起こる中で、武満は[[ピアニストのためのコロナ]]などにおいて、直接的には図形楽譜による記譜の研究、内面的には偶然性がもたらす[[東洋思想]]との関連などを探った。そして帰結したのが時間軸の多層化という考え方である。

しかし前述の「アーク」などは、確かに表面上の手法においては“オーケストラの中でそれぞれの奏者が任意の時間を選択し一定の奏法パターンを繰り返す”というやり方によってオーケストラの内部における時間軸の多層性は確保しているものの、全体のテクスチュアの動きとしては“クライマックスを求めるヒートアップとその後の拡散(クールダウン)”という一元的な視点に帰結してしまう。この問題を曲全体の汎志向性というやり方で解決に導いたのは、1960年代後半以降である。

1960年代後期には、それまで映画音楽でのいくつかの試行実験を踏まえ、純音楽においても邦楽器による作品を手がけるようになった。この頃から徐々に、上で述べた(1960年代前期までの)西洋音楽的な一次元的時間軸上の集中的指向性を薄め、東洋音楽的な多層的時間軸上の汎的指向性へと変化していく。その中で1967年[[ニューヨーク・フィルハーモニー|ニューヨーク・フィル]]125周年記念の作曲を[[レナード・バーンスタイン|バーンスタイン]]に依頼され、[[琵琶]][[尺八]]とオーケストラの構成による『[[ノヴェンバー・ステップス]]』を作曲。この成功によって名声をさらなるものとした。

後期には、前衛語法の使用から次第に調的な作風へと変化していった。具体的には「グリーン(当初の題は「ノヴェンバー・ステップス第2番」)」を発端とし、いくつかの中規模な作品を経て「カトレーン」「[[鳥は星型の庭に降りる]]」など[[1970年代]]終盤において明確に調性を意識するようになる。卓越した管弦楽法と絶妙に折り重ねられた和声は、多くの場面において時に[[クロード・ドビュッシー|ドビュッシー]]を思わせながらも決してそれを安易な“過去の様式の模倣としての調性音楽”の次元にとどまらせず、独特の「タケミツ・トーン」と呼ばれる独自の音響へ帰結した。

モートン・フェルドマンのいう「オーケストラにペダルをつける」アイデアをここまで自家薬籠の物とした作曲家は彼だけであり、「タケミツ・トーン」とはこのことを指しているとも言われる。茫洋とした雰囲気の創出が「日本人としては稀に見るほどに高度の書法を身に付け、中心音の取り方がドビュッシーと違う(細川俊夫)」点にあり、「実は数的秩序をハーモニーに導入している」と自らが語った晩年の創作軌跡の全貌は、明らかにされていない点も多い。

武満は「[[ベルント・アロイス・ツィンマーマン]][[ヘルムート・ラッヘンマン]][[ブライアン・ファーニホウ]]などの作曲家は日本にほとんど好意的に紹介しなかった(長木誠司)」といわれているように、[[今日の音楽]]で取り扱った曲目は武満の好みを反映してかなり偏りがあるのも事実である。しかし、武満は日本人にフィットする作曲家を没年まで調べつくしており、1990年代の写真にはカナダのモントリオールで行われたFORUMのカタログが脇に挟まっている。その為に[[マグヌス・リンドベルイ]]のようなデビュー間もない逸材を北欧から発掘することができたのも、武満なしには考えられなかった。

晩年、それまで手をつけていなかった[[オペラ]]に取り組もうと意欲を見せるが、不幸にも、作品は完成の日の目を見ることはなかった。タイトルは「マドルガーダ」となる予定で、エレクトロニクスを用いた意欲的な作品になるはずだったようだ台本はすでに完成されており、2005年、[[野平一郎]]によって作曲された。経緯については本人サイト]の「新創作ノート」1~7に詳しい。1995年[[膀胱]]、および[[首]][[リンパ腺]][[がん]]が発見され、また、[[間質性肺炎]]を患っていた彼は数ヶ月の入院生活を送ることになるこの時期の闘病日記が死後に発見された。また、娘のために、さまざまな料理のレシピをイラストつきで記していた。これらは『サイレント・ガーデン――滞院報告・キャロティンの祭典』(新潮社)で見ることができる。。退院後、「森のなかで」「[[エア]]」を作曲。これらが完成された最後の作品となった未完の作品に、フルート、ハープ、オーケストラのための「ミロの彫刻のように」がある。オーケストレーションまで施されたのは冒頭の数ページのみ。1996年2月20日、65歳で死去直接の死因は[[間質性肺炎]](楢崎洋子『武満徹』音楽之友社 他)。ピーター・バート『武満徹の音楽』(音楽之友社から訳書が刊行されている)では、がんとなっている。。死の数日前の日曜日に、[[NHK-FM]]で午後3時から放送されていた[[ヨハン・ゼバスティアン・バッハ|バッハ]]の「[[マタイ受難曲]」が武満の聴いた最後の音楽だったろうと考えられている。この曲は武満の大好きな曲だった。

晩年監修を務め、彼の死後完成した[[東京オペラシティ]]のコンサートホールは[[タケミツ・メモリアル]]の名が冠せられた。東京オペラシティの一連のオープニング・コンサートの中で、作曲家でピアニストの[[高橋悠治]]は武満のために、「閉じた眼II」を弾いた。高橋は武満から「祈りとしての音楽」と「[[バッハ]]をピアノで弾く」というテーマでコンサートを頼まれていた。演奏が終わって拍手がおこった時、高橋悠治は礼をせず、代わりに「閉じた眼II」の黄色い楽譜を高々と掲げて客席に示した。

彼や指揮者の[[小澤征爾]]らの世界的な成功は、戦後の日本の音楽界の存在を世界に知らしめ、その評価を上げることとなった。

娘の[[武満真樹]]は洋画字幕の翻訳家で、2005年から[[クラシック・ジャパン]]の副社長を務めている。

映画、テレビ、演劇などの音楽

武満は多くの映画音楽を手がけているが、それらの仕事の中で普段は使い慣れない楽器や音響技術などを実験・試行する場としている。武満自身、無類の映画好きであることもよく知られ、[[映画]]に限らず[[演劇]][[テレビ番組]]の音楽も手がけた。

特筆すべきは[[琵琶]][[尺八]]の使用例だろう。この組み合わせで彼は純音楽として代表作『ノヴェンバー・ステップス』をはじめ『エクリプス(蝕)』、『秋』、三面の琵琶のための『旅』などを書いているが、最初に琵琶を用いたのは映画『切腹』およびテレビ(NHK[[大河ドラマ]])『[[源義経]]』であり、尺八は映画『[[暗殺]]』で[[プリペアド・ピアノ]]やテープの変調技術とともに用いた。さらに映画『怪談』(監督:[[小林正樹]])では、琵琶、尺八のほかに[[胡弓]](日本のもの)、三味線、プリペアド・ピアノも、それぞれテープ変調と共に用いている。この『怪談』の音楽は、[[ヤニス・クセナキス]]がテープ音楽として絶賛した。これらの作品の録音において、琵琶の[[鶴田錦史]]、尺八の[[横山勝也]]との共同作業を繰り返した経験が、後の『[[ノヴェンバー・ステップス]]』その他に繋がっているのである。

上記映画においては、映像と音楽・音響の同期・非同期が徹底的に考察されていることも興味深い。例えば『怪談』では第1部「黒髪」で、主人公の武士が腐った死体を見て慌てて逃げ出すが、その際に床の木が腐っていて踏み外す。そこまでの足音はSEとして自然音らしく処理されているが、その踏み外した瞬間に、スタジオで作られたテープ音楽へと音が変わる。『暗殺』では主人公とライバルが剣道の試合をし、そこでの竹刀の音や足音は普通のSEだが、試合が終わって主人公が竹刀を壁にかける瞬間から、プリペアドピアノを変調したテープ音楽になる。映画の観客はそれらの場面で当然「バキッ」とか「カチャッ」という音が鳴ると思いきや、それらの期待した音に似つつも音楽として処理される別の音響へと音の聞き方が変わる。そこから繋がる場面では音楽としてそれらの音が継続されるが、もはや聴き手はそれらの音をSEとしては認識しない。どちらもSEと極めて良く似た音素材によるテープ音楽だからこそ可能な音響・音楽的処理である。

また2台のハープを微分音で調律してそのずれを活かすという書法は、純音楽としては『ブライス』などに見られ、またハープ独奏としては『スタンザII』が挙げられるが、このための実験としては、映画『[[沈黙]]』『[[美しさと哀しみと]]』『[[はなれ瞽女おりん]]』(すべて監督:[[篠田正浩]])などが挙げられる。『はなれ瞽女おりん』は後に演奏会用組曲『2つのシネ・パストラル』としてもまとめている。

他にテレビの音楽としては『未来への遺産』において[[オンド・マルトノ]]を用いていることも特筆される。純音楽ではこの楽器は用いなかった。

1985年の映画『』で、監督である[[黒澤明]]と対立。これ以後あなたの作品にかかわるつもりはないと言い放ったエピソードは有名である。武満は黒澤に[[マーラー]]風の音楽を求められたことに不満を述べている。同作品の葬送行進曲があからさまにマーラー風なのは「黒澤さんへの皮肉」とも武満は語っている。

短編ドキュメンタリー映画『[[ホゼー・トレス]]』でのジャズの語法をはじめ、[[1960-]][[70年代]]当時の日本の歌謡曲の語法など、武満自らが趣味として多く接した娯楽音楽の分野へのアプローチを試みたのも、これら映画音楽やテレビの音楽である。

その他の娯楽音楽として、晩年、それまでに作曲した合唱曲、映画音楽の主題や挿入歌などをポピュラー音楽として再編し[[石川セリ]]が歌ったポピュラーソングのCDアルバムを発表した。これについては武満の死後、彼の葬儀の席上で黛敏郎が思い出として披露した、未発表の短い映画音楽用の旋律[[谷川俊太郎]]によって歌詞がつけられ、『MI・YO・TA』というタイトルの作品として発表された。この題名は、武満が[[長野県]][[御代田町]]の山荘で作曲活動を行っていたことに由来する。をもとに、もう一枚のリメイク・ヴァージョンのアルバムが出ている。[[森山良子]](『[[死んだ男の残したものは]]』)、[[小室等]][[沢知恵]]らもこれらの歌をレパートリーとしている。

主要な作品

作品については[[武満徹の作品一覧]]をご覧ください。

代表的な映画音楽

  • [[狂った果実]]1956年 監督:[[中平康]][[佐藤勝]]と共同担当。
  • [[ホゼー・トレス]](1959年) 監督:[[勅使河原宏]]
  • [[乾いた湖]]1960年 監督:[[篠田正浩]]
  • [[おとし穴]]1962年 監督:[[勅使河原宏]]) 音楽監督。音楽は[[一柳慧]][[高橋悠治]]
  • 切腹1962年 監督:[[小林正樹]]
  • [[乾いた花]]1964年 監督:[[篠田正浩]]
  • [[暗殺]]1964年 監督:[[篠田正浩]]
  • [[砂の女]]1964年 監督:[[勅使河原宏]]
  • [[怪談]]1964年 監督:[[小林正樹]]
  • [[他人の顔]]1966年 監督:[[勅使河原宏]]) ワルツが特に有名。武満本人も自薦の映画音楽抜粋集CDの一曲にこれを挙げた。
  • [[心中点網島]]1969年 監督:[[篠田正浩]]
  • [[どですかでん]]1970年 監督:[[黒澤明]]
  • [[はなれ瞽女おりん]]1977年 監督:[[篠田正浩]]
  • [[愛の亡霊]]1978年 監督:[[大島渚]]
  • 1985年 監督:[[黒澤明]]
  • [[写楽]]1995年 監督:[[篠田正浩]]) 最後の映画音楽。

テレビ音楽

  • [[源義経]]NHK[[大河ドラマ]]
  • [[未来への遺産]][[NHK特集]]
  • [[夢千代日記]](NHK、ドラマ)
  • [[波の盆]][[日本テレビ]]、ドラマ)

その他の活動

  • [[日本万国博覧会]]・鉄鋼館音楽監督
  • 主な受賞歴

    • [[朝日賞]]1985年
    • [[芸術文化勲章]][[フランス]]から、1985年
    • [[モーリス・ラヴェル]]賞([[フランス]]から、1990年
    • [[サントリー音楽賞]]1991年
    • [[放送文化賞]]NHKから、1994年
    • [[グレン・グールド]]賞([[カナダ]]から、1996年

    著作

    彼がさまざまな媒体に発表した文章の大半は、[[新潮社]]から2000年に刊行された『武満徹著作集(全5巻)』に収録されている。

    単著(日本語)

    • 『音、沈黙と測りあえるほどに』新潮社、1971年(著作集第1巻収録)
    • 『樹の鏡、草原の鏡』新潮社、1975年(著作集第1巻)
    • 『音楽の余白から』新潮社、1980年(著作集第2巻)
    • 『夢の引用』岩波書店、1984年(著作集第5巻)
    • 『音楽を呼びさますもの』新潮社、1985年
    • 『夢と数』リブロポート、1987年(自らの音楽語法について直接述べた著書)(著作集第5巻)
    • 『遠い呼び声の彼方へ』新潮社、1992年(著作集第3巻)
    • 『時間の園丁』新潮社、1996年(同年、点字資料版が日本点字図書館から刊行されている)(著作集第3巻)
    • 『サイレント・ガーデン』新潮社、1999年
    • 『私たちの耳は聞こえているか』日本図書センター、2000年(既刊書籍に収録されたエッセイを再編集したもの)

    単著(日本語以外)

  • Confronting Silence: Selected Writings. trans. and ed. by Yoshiko Kakudo and Glenn Glasow. Berkeley, Calif: Fallen Leaf Press, 1995.
  • 共著

    • 『ひとつの音に世界を聴く――武満徹対談集』晶文社、1975年
    • 『武満徹対談集――創造の周辺(上下巻)』芸術現代社、1976年;1997年新版
    • 武満徹、[[川田順造]]『音・ことば・人間』岩波書店、1980年 → 岩波書店(同時代ライブラリー)、1992年(著作集第4巻)
    • [[小沢征爾]]、武満徹『音楽』新潮社、1981年 → 新潮文庫、1984年
    • 『音楽の庭――武満徹対談集』新潮社、1981年
    • [[蓮実重彦]]、武満徹『シネマの快楽』リブロポート、1986年 → 河出文庫、2001年
    • 『すべての因襲から逃れるために――対談集』音楽之友社、1987年
    • 武満徹、[[大江健三郎]]『オペラをつくる』岩波書店、1990年(著作集第4巻)
    • 『歌の翼、言葉の杖――武満徹対談集』ティビーエス・ブリタニカ、1993年(著作集第5巻)
    • [[秋山邦晴]]、武満徹『シネ・ミュージック講座――映画音楽の100年を聴く』フィルムアート社、1998年
    • [[マリオ・A]][聞き手・写真]/[[埴谷雄高]][[猪熊弦一郎]]、武満徹[述]『カメラの前のモノローグ』集英社新書、2000年
    • [[木之下晃]]、武満徹『木之下晃 武満徹を撮る 武満徹 青春を語る』小学館、2005年(CD付写真集)

    本人著作以外の関連書籍

    音楽学

    • 『武満徹 響きの海へ』[[船山隆]]、音楽之友社 1998年
    • 『武満徹と三善晃の作曲様式 – 無調性と音群作法をめぐって』[[楢崎洋子]]、音楽之友社 1994年

    エッセイ

    • 『カフェ・タケミツ』[[岩田隆太郎]][[海鳴社]] 1992年 ISBN 978-4-87525-149-1
    • 『作曲家武満徹と人間黛敏郎』[[岩城宏之]]、作陽学園出版部 1999年 ISBN 4-8462-0219-4

    写真集など

  • 『武満徹の世界』斎藤慎爾・武満真樹 [[集英社]] 1997年
  • 関連項目

    • [[武満徹の一般作品一覧]]
    • [[現代音楽]]
    • [[東京オペラシティ]]

    参考文献

    脚注

    外部リンク

    [[日]]