田中绢代

照片 :

照片描述 : 镰仓山女王田中绢代

中文名 : 田中绢代

英文名 : Tanaka Kinuyo

出生年 : 1909年

出生日 : 12月29日

出生地 : 日本山口县下关市

国家/地区 : 日本

职业1 : 演员

职业2 : 导演

逝世 : 逝世

逝世年 : 1977年

逝世日 : 3月21日(68岁)

逝世地 : 日本

首字母 : T

条目星级 : ★

田中绢代(Tanaka Kinuyo),日本著名演员,也是日本电影史上的第一名女性导演。与沟口健二有过亲密而完美的合作,包括《西鹤一代女》等15部作品。小林正树是其堂弟。{{争议}}

生平

早年

1909年12月29日即明治42年,田中绢代出生在日本山口县下关市丸山城镇。

山口県下関市丸山町に父・田中久米吉、母・ヤスの四男四女の末娘として生まれる。母ヤスの実家小林家は下関で代々続く大地主の商家で、久米吉はそこの大番頭であった。二人は結婚して独立し、呉服商などを営む傍ら20軒ほども貸し家を持つ裕福な家であったが、絹代が3歳になって間もない1912年(明治45)1月、久米吉が病死。その後母は藤表(とうおもて)製造業を営んでいたが、使用人に有り金を持ち逃げされるなどの災難に遭い、一家の生活は徐々に暗転していった。

1916年(大正5)絹代は下関市立王江尋常小学校に入学するが、経済的困窮のため充分な通学ができない状況だったという。この年20歳の長兄・慶介が兵役忌避をして失踪したことで田中一家は後ろ指を指されることになり、そのことが一家の経済事情を更に悪くした。翌1917年、一家の生活はついに行き詰まり、母ヤスの実兄を頼って大阪天王寺に移る。更に翌1918年4月、絹代は天王寺尋常小学校の三年に編入し、以後大阪で育つことになる。

田中绢代时代

1924年,即大正13年田中绢代加入松竹公司。曾与导演清水宏結婚,后因性格不合分手,二人终身维持友好关系。

幼少時より、琵琶を習い、1919年に、大阪楽天地の琵琶少女歌劇の舞台に立つ。兄が松竹大阪支社で給仕として働いていた関係で、1924年に松竹下加茂撮影所に入所し、野村芳亭監督の『元禄女』でデビューする。まもなく、当時新進監督だった清水宏に『村の牧場』の主役に抜擢される。

松竹蒲田撮影所に移った後の1927年、五所平之助監督の『恥しい夢』が好評を博する。その後、当時の人気スター鈴木傳明とのコンビで売り出し、松竹のドル箱スターとなり、会社の幹部に昇進する。また、五所監督による日本初のトーキー映画、『マダムと女房』に主演し、トーキー時代になっても、スターとして迎えられる。

特に、上原謙とのコンビで1938年に公開された『愛染かつら』は空前の大ヒットとなり、シリーズ化された。1940年には、溝口健二監督の『浪花女』に出演し、溝口監督の厳しい注文に応え、自信を深める。

插曲和离开松竹

1950年结束美国之行飞回日本的田中绢代在机场时面对迎接的人群和影迷送出几个飞吻,被指责为“衣着花哨”“说英语”之类,遭到噩梦般的舆论诋毁。

后来田中绢代离开[[松竹]]

終戦後も、溝口監督の『女優須磨子の恋』や小津安二郎監督の『風の中の牝鶏』などに出演し、高い評価を得、1947年、1948年と連続して毎日映画コンクール女優演技賞を連続受賞する。

順調に見えた女優生活だったが、1950年、日米親善使節として滞在していたアメリカから帰国した際、サングラスに派手な服装で投げキッスを行い、激しい世論の反発を受けてしまう。それ以降、スランプに陥り、松竹も退社する。この時期、メディアからは「老醜」とまで酷評されて打撃を受けている。

1952年に溝口監督が彼女のために温めてきた企画である『西鶴一代女』に主演する。この作品はヴェネチア国際映画祭で国際賞を受賞し、彼女も完全復活を果たす。翌1953年には同じコンビで『雨月物語』を製作、ヴェネチア国際映画祭で銀獅子賞を受賞する。また、同年『恋文』を監督[1]。しかし、このことが溝口監督との仲を疎遠なものにしたといわれる。

与沟口健二

1952年田中绢代执导了她的第一部作品《恋文》,她的一生导演了六部作品(1953至1962年间)。其中第一部《恋文》由木下惠介编剧,第二部《月亮上来了》则有小津安二郎沟口健二成濑巳喜男的“护驾”。

新藤兼人写关于田中绢代的传记中,透露沟口健二曾因不客气地批责她的导演能力,两人闹得很不愉快,美好关系也告吹。但一说法则是拍完《谣言的女人》后,沟口在访问时表示即将与田中订婚,没想到毫不知情的田中从记者口中知道此事,非常愤怒,并强调“再也不拍沟口的电影”,它也成为两人合作的绝唱。

晚年的高峰

1975年凭《望乡》获得[[柏林电影节]]最佳女演员。

1977年3月21日田中绢代因脑瘤逝世,享年67岁去世。

1985年已是病榻上的小林正树创办了“田中绢代赏”,用以表彰对日本影坛有突出贡献的女演员,以来缅怀堂姐田中绢代。

その後も、木下恵介監督の『楢山節考』、小津監督の『彼岸花』への出演、京マチ子主演の『流転の王妃』の演出など、常に映画界をリードする活躍を続ける一方、1970年の『樅ノ木は残った』に出演以降、テレビドラマにも活躍の場を広げ、『前略おふくろ様』の主人公の母親役やNHK朝の連続テレビ小説『雲のじゅうたん』のナレーションなどで親しまれた。

1974年に主演した熊井啓監督の映画『サンダカン八番娼館 望郷』の円熟した演技は世界的に高く評価され、ベルリン国際映画祭主演女優賞、芸術選奨文部大臣賞を受賞した。

1977年3月21日、脳腫瘍のため死去。享年69(67歳没)。最晩年、病床についた彼女は「目が見えなくなっても、やれる役があるだろうか」と見舞いに来た者に尋ねたという。

死後、勲三等瑞宝章が授与された。同年3月31日、映画放送人葬が行われ、5000人が参列した。

戒名は迦陵院釈尼絹芳大姉。墓所は神奈川県鎌倉市の円覚寺にある。

没後の顕彰

1985年には、従弟の小林正樹監督により、毎日映画コンクールに「田中絹代賞」が創設され、映画界の発展に貢献した女優に贈られることとなった。第1回受賞者は吉永小百合。

「恋多き女性」としても有名で、清水宏監督との同棲生活と破局、慶応野球部の花形スターだった水原茂とのロマンスなどは大きな話題となった。その波乱に富んだ一生は、1987年に市川崑監督、吉永小百合主演で『映画女優』というタイトルで映画化された。

相关影片

1987年,日本推出纪念著名电影演员田中绢代的传记影片《电影女演员》,吉永小百合扮演女主人公。

评价

在半个多世纪里,田中绢代拍摄了250多部电影,其中有不少已成为电影史上的名作。她所扮演的角色,性格变化之大,是同时代演员难以比及的,也正因此,田中绢代被誉为“日本性格女演员的活字典”。

作品

[[Image:KinuyoTanaka1935.jpg|thumb|right|300px|1935年田中绢代在Jinsei no onimotsu]中]

  • 1924年《村庄的牧场》
  • 1925年《小小流浪艺人》、《激流的呼喊》
  • 1926年《烦恼的时候》、《街上的人们》
  • 1927年《羞梦》、《珍珠夫人》
  • 1928年《近代武者修业》、《感激的时代》、《村里的新娘》
  • 1929年《他与人生》、《大城市·劳动篇》、《虽然大学毕业了》
  • 1930年《小姐》、《绢代故事》、《年轻人为何哭泣》
  • 1931年《夫人与老婆》、《生活线ABC》
  • 1932年《金色夜叉》、《忠臣藏》
  • 1933年《伊豆的舞女》
  • 1934年《妇亲图》、《我的哥哥》
  • 1935年《阿琴与佐助》
  • 1936年《新路》
  • 1937年《绢代医生》
  • 1938年《爱染桂下情》、《母亲的歌》
  • 1939年《爱染桂下情》(中、下集)
  • 1940年《浪花女》
  • 1941年《十天的人生》
  • 1942年[[家族]]

田中绢代照片

 

参考

链接

 

标签:

编者介绍

电影百科编写小组

中文电影百科编写小组,2006年中文电影百科网站创建以来,一批热心于知识公益的学者、影评人和影迷,持续为网站义务编写、翻译和编辑词条,网站现有的优秀条目都来自于大家的共同协作。2013年8月,网站改版后,条目作者统一称为“中文电影百科编写小组”。网站向他们的辛勤无私的工作表示致意。

评论关闭