高仓健

照片 :
照片描述 :
中文名 : 高仓健
英文名 : Ken Takakura
出生年 : 1931年
出生日 : 2月16日
出生地 : 日本福冈县
国家/地区 : 日本
职业1 : 演员
首字母 : G
条目星级 : ★

高仓健(たかくら けん),原名:小田刚一(おだ ごういち),1931年2月16日-- , 福冈中间市出生,日本电影演员、歌手。爱称:小健(健さん)。是代表日本的电影明星,活跃长大半个世纪之久。不仅日本,在中国也有相当人气。
身高:180cm , 体重:81kg , 血型:B , 兴趣:旅游、开车、骑马。所属高仓企宣。

代表作:电影《[[网走番外地]]》系列、《[[日本侠客传]]》系列、《[[昭和残侠传]]》系列、《[[山口组三代目]]》系列、《[[八甲田山]]》、《[[南极物语]]》、《[[铁道员]]》等。每部都是留名青史的大卖影片。1959年,和歌手·女演员的江利智惠美(江利チエミ)结婚,1971年离婚。之后一直独身。导演仰木彬是他高中的学弟。

2006年,75岁的他荣获日本电影“文化功劳者”奖。

生平

少年时期 电影出道

高仓健生于福冈县中间市一户富裕人家,父亲原是海军,后做了煤矿头头。少年的高仓健因患肺病身体虚弱。高中就读于福冈县立东筑高等学校全日制课程商业科,毕业后考入明治大学商学部第二部商学科(夜间部)。大学期间,曾担任了一年相扑部经理职务。

大学毕业后,他没有找到理想的工作。1955年(昭和30年),为了成为当时美空云雀所属的新艺企划事务所的经理,在咖啡店接受其面试的他,偶然被当时在场的东映东京摄影所所长兼制片人牧野光雄相中。高仓健于是成为了[[东映]]第二期的培训艺员。按当时的规定,新人要想拍出道拍电影,必须先在演员演技研究所学习六个月,然后再在东映摄影所修行六个月(包括当群众演员)。令人意外的是,高仓健在入社仅仅一个半月,便被破格选为电影《[[电光空手打]]》的男主角而华丽丽的出道了。之前毫无演出经验、又没有什么后台的新人高仓健就这样作为主演登台了,真可谓史无前例。但是,并没打算朝演员方向发展的他,看着镜中画完妆的自己,委屈到失声痛哭。

东映黑帮片浪潮:60年代

之后,他作为东映的主打男星活跃在现代电影领域。不过,据说因为并没有受过正规的演艺培训,就这样一直出演电影的他一直感到很自卑。60年代初期,虽说在以时代剧为中心的[[东映]]还还不能称为大明星的他,也参与了多部片冈千惠藏[[美空云雀]]等人的电影作品。

真正改变这种状况的是,他出演了黑帮电影热潮的首部作品《人生剧场 飞车角》,这部电影使他受到了众人的注意。主演了1964年开始的《日本侠客传》系列,1965年开始的《网走番外地》系列、《昭和残侠传》系列,一跃成为日本最具号召力的巨星。他在真正的黑帮成员到工人、学生运动斗士中都有很高的人气,粉丝多到要通宵上映,甚至出现站立观看者。在吃喝玩乐盛行的电影圈,严格律己,不喝酒,持续不断地锻炼身体而造就了健美身躯的高仓,其刺青身姿之打斗通常是电影中最精彩的部分,使人感受到与其他明星本质不同的魄力,这正是其持续受到很大欢迎的一个原因。健硕躯体上背部肌肉猛然伸展,沉默寡言。高仓健这种毫不辩解而贯彻始终的形象在这一时期得以确立,到21世纪的今天仍在角色中显现。这种形象与风姿也成为了漫画《骷髅 13》主人公东乡公爵的原型,据说(高仓健)出演同名真人电影版是漫画原作者斋藤隆夫的要求。
    

做为歌手的高仓健也因其低沉素朴的嗓音而大受欢迎,《网走番外地》虽然后来因歌词的部分内容反社会而被禁止播放,但大受欢迎销量达百万以上。《昭和残侠传》系列主题歌《唐狮子牡丹》也大有人气,直到现在仍在卡拉OK中传唱。
    

此时的高仓对日复一日无休止地出演故事雷同的黑帮电影产生了厌倦,于1970年成立了高仓制作公司。1976年退出东映从而独立。至此,虽然出演了几部外部作品(包括好莱坞作品),但除此之外全是在东映出演的数量惊人的黑帮电影。到现在仍然是黑帮电影的标志性人物

独立、本格映画俳優としての成功:1970年代〜

1960年代に入って新東宝の倒産に始まり、映画は本格的なテレビ時代の到来(1960年にアメリカに次いで世界で2番目にカラー放送開始、1962年にはテレビの普及台数は1200万台を突破し、アメリカに次いで世界第2位になった)や高度経済成長による他の数々の新たなレジャー・娯楽の誕生、ライフスタイルの変化などに押され、観客数が激減し続ける斜陽産業になり、1971年には大映も倒産、同じく業績不振だった日活も低予算の成人向けにっかつロマン・ポルノに路線変更し一般劇映画からは完全撤退、残りの大手映画会社も同時期から制作本数を大幅に減らし、戦前から長く続いてきた各映画会社専属制のスター・システムもついに崩壊。これらにより、高倉と同じ、日本映画黄金期のスター達の大多数がそれまでと違って映画だけではやって行けなくなり、テレビドラマや舞台に活路を見出して行った。

そんな中にあって高倉は1976年、東映退社後初の作品『君よ憤怒の河を渉れ』(永田プロ/大映映画)にて、東映ヤクザ映画のイメージから脱却。翌1977年には『八甲田山』、『幸福の黄色いハンカチ』の二作品に立て続けに主演し、第1回日本アカデミー賞 最優秀主演男優賞と第20回ブルーリボン賞 主演男優賞のダブル受賞に輝いた。これ以後も数々のヒット作に恵まれ、合計4度の日本アカデミー賞 最優秀主演男優賞、2度のブルーリボン賞 主演男優賞に輝いている。

独立以後も、テレビ界や演劇界に活路を見出して行った大多数の映画スター達とは一線を画し、高倉はただ一人だけ映画人としての砦を守り、現在まで映画スターであり続けている。テレビドラマへの出演は数えるほどしかない。その出演理由も「故郷にいる母親にテレビで毎週自分(高倉)の顔を見て安心して欲しいから」と泣かせるコメントを口にした。

バラエティー番組等にもほとんど出演しない。テレビ朝日「徹子の部屋」や1980年のTBS「すばらしき仲間」に親交のある北大路欣也、田中邦衛と3人での語らいを番組で企画された時くらいしか素の高倉の姿を見られる機会は無かった。時代が平成になって以後出演したバラエティーは『SMAP×SMAP』(フジテレビ)ぐらいである。このように、テレビで高倉の姿が見られる機会はごく僅かなため(出演映画の放映は除く)、近年の中で大変貴重な『SMAP×SMAP』出演は後日の同番組特番でも視聴者達からの『ビストロSMAP名場面リクエスト第1位』に輝いた。今も純粋に役者として現役で演じている数少ない映画スター。ちなみに、テレビCMへの出演は少なくなく、富士通のパソコンFMVのCMにおいて『幸せの黄色いハンカチ』で夫婦を演じた倍賞千恵子と再び夫婦の設定で出演し、コミカルな演技を見せると共に、この共演は往年のファンを喜ばせた。 なお、テレビアニメや海外作品の吹き替えなどの声の出演としての仕事はこれまで一度も行っていなかったが、2006年4月2日の[[世界遺産_(テレビ番組)_]]で初めてナレーションを勤めた。 76歳を迎えた現在でも客を呼べる主演スターとして君臨しつづけている。

人物

高仓健与张艺谋

礼儀正しい人物として知られ、全ての共演者に挨拶を忘れず、監督やプロデューサー、若手スタッフにも敬意を払いお辞儀する。超ベテラン俳優の高倉健にお辞儀されると監督やプロデューサーも深々とお辞儀を返すので製作者側、キャスト側で良好な人間関係が築かれているという。非常に落ち着いた物腰と態度を持ち、マスコミにまでも礼儀正しく接するので社会的にも非常に受けが良い。主に硬派な演技、シリアスな演技を得意とし、”男の中の男”を演じるさまは男女問わず多くの共感を誘う。そのスター性は絶対的なものとなっており、たとえベテランの役者や古参芸能人であっても近くに行くと緊張してしまうとの発言は多々存在する(例としては和田アキ子の発言など)。衣装にしわをつけないために撮影現場ではほとんど立ったままで過ごすと言われている。[要出典]

役作りに熱心に取り組むのもプロとして当然の事との信念を崩さない。代表的な例として知られるのが、初の松竹映画への出演となった『幸せの黄色いハンカチ』での最初の登場シーンで、刑務所から出所し食堂でビールとラーメンとカツ丼を食べるシーンがあり、その収録でいかにも旨そうな、リアリティの高い演技を見せ1テイクで山田監督からOKが出る。あまりにも見事だったので問い尋ねると「この撮影の為に2日間何も食べませんでした」と言葉少なく語り、山田監督も唖然としたとのこと。

また、非常に謙虚な人物でもあり、『夜叉』で共演したビートたけしがパーソナリティをしていた『オールナイトニッポン』で発言した所によると、真冬の青森へロケに行った際、高倉は休みの日だったがロケ現場へ激励に現れた。厳冬下であったので出演者・スタッフは焚火にあたっていたが高倉は焚火にあたろうとしないので、スタッフが「どうぞ焚火へ」と勧めた所、高倉は「自分はオフで勝手に来た身なので、自分が焚火にあたると、皆さんに迷惑がかかりますので」と答えたため、スタッフだけでなく共演者も誰一人申し訳なくて焚火にあたれなかったと発言している。やがて「頼むからあたってください。健さんがあたらないと僕達もあたれないんです」と泣きつかれ、「じゃああたらせていただきます」となったため、やっと皆で焚火にあたれたそうである[1]。 この『夜叉』の撮影初日が終わり、役者・スタッフの泊まる旅館へ到着し食堂へ行くと、高倉と監督の前だけ皆とは違い豪華な料理が並んでいるのを見た高倉は「自分も皆さんと同じ料理にしてください」と発言し改めて尊敬を集めることになる。

中国でも知名度、人気が高い。これは、開放前の中国で高倉健が出演した映画が多く上映されていたためで、今も年配層を中心によく知られている。とくに、主演した『君よ憤怒の河を渉れ』(佐藤純彌監督)の人気は高く、中国人の半分が観たともいわれている。ちなみに、この映画の宣伝のために田中邦衛と訪中した時、宿泊先のホテルには高倉を一目見たいファンが大勢詰め掛けた。 高倉のファンである映画監督・張芸謀(チャン・イーモウ)は『単騎、千里を走る。』の撮影の際、高倉が休憩の時に椅子に一切座らず、他のスタッフに遠慮して立ち続けていたのを見て「こんな素晴らしい俳優は中国にはいない」と発言している。また、2006年4月には、北京電影学院の客員教授に就任している。

これらの事象から、役者として・人間として、高倉を尊敬している人物も多く、映画「幸せの黄色いハンカチ」で共演した武田鉄矢は100mほど離れた所で高倉を発見すると「健さ~ん!」と叫びながら手を振り、全力疾走で走ってきたと言われている[2]。その他、石倉三郎、小林稔侍、板東英二などから非常に慕われ、石倉は芸名に「倉」の字を貰い、小林も息子に「健」の名前を付けたりと多大な影響を高倉から受けている。高倉は気持ちの通じ合った共演者には「ロレックス」などの高級時計に「高倉健」の名前を彫ったモノをプレゼントする習慣がある。1989年、『ブラックレイン』で競演した松田優作の病状を知らず、旅先で訃報を聞いた高倉は帰国後に松田邸まで出向き、夫人に時計を手渡した[3]。この時の時計はロレックスGMTマスターであり、松田ならきっと世界に通用する俳優であるとの高倉の想いがこの「グリニッジ標準時」の時計に現わされていた。

「不器用ですから」の台詞が代名詞になるほど、無骨で無口なイメージがあるが、実際の高倉は多弁とのことで、ビートたけしがラジオにて発言した所によると、漫才師から役者業に進出してきたたけしに対抗して、田中邦衛と組んで漫才界に進出しようという話題になったことがあり、田中は止めといたほうがいいと止めるが「それじゃお前は何をやるんだ」と言う高倉に対して、田中邦衛が「二種免許取ります」と返答したことが同番組で随分ネタにされていた。

好きな音楽は、愛を歌う吟遊詩人、大塚博堂。友人にもらったカセットテープを聞いて、自分にない何かがあると感銘を受ける。大塚とよく組んでいた作詞家の藤公之介に、大塚と組んで曲を作ってほしいと電話で頼んだこともある(この時は、大塚が忙しく、別の作曲家で曲を作るが、その後、まもなく大塚が逝去したため実現せず)。『ダスティン・ホフマンになれなかったよ』『旅でもしようか』『ふるさとでもないのに』が特に気に入っている。直接、会ったことはないが、大塚のメモリアルイベント等に、一ファンとして何度かメッセージを贈る。

志村けんと岡村隆史のファンで、志村には自ら『鉄道員』の出演要請を出し、「お笑い一本」と決めている志村を口説き落とした。

その容姿と物腰から、アメリカに行くとよくインディアンに間違われるそうである。

プロ野球には強い関心がない様であるが、1990年のロッテ・村田兆治投手の引退試合中継を見て感動を受けたとのことで、それまで面識も無かった村田投手の住所を関係者に一通り尋ねて調べ、しかも留守中だった村田の自宅前に花束を置いて帰ったという話がある(高倉健 『あなたに褒められたくて』 集英社、1991年、174頁、「兆治さんへの花」を参照)。

「生茶」のCMで高倉と共演した総合格闘家の宇野薫によると、高倉は格闘技にかなり詳しく、「休憩中に健さんから『UFCの試合をよく観ていますよ。応援しています』と話しかけられ驚きました」と語っている。

2005年、『網走番外地』シリーズで高倉を大スターに育てた恩師である石井輝男監督が死去。翌2006年8月、石井監督の生前の意思により、網走市内の潮見墓園に墓碑が建てられ、遺骨が納められた。“安らかに 石井輝男”と記されたこの墓碑の碑文は、高倉によってしたためられたものである。

元夫人であった江利チエミの命日である2月13日には毎年早朝にひっそり一人で墓前を訪れ花を手向けている。実際、離婚の原因は高倉と江利の不仲ではなく、江利の親族による二人の誹謗中傷と夫婦の財産横領が原因と言われている。(詳細は江利チエミ波乱万丈の人生を参照)

^ なお、この間たけしは「健さん頼むから帰ってくれ!」と思っていたという。
^ ビートたけしの『オールナイトニッポン』
^ 夫人の手記より

高仓健电影年表

1956年

NO.001 《电光空手道》 导演:津田不二夫

NO.002 《流星空手道》 导演:津田不二夫

NO.003 《无敌的空手!拳击手》 导演:津田不二夫

NO.004 《大学的石松》 导演:伊贺山正光

NO.005 《日本刑事·特别武装班出动》 导演:小石荣一

NO.006 《大学的石松·消灭流氓团伙》 导演:小石荣一

NO.007 《大学的石松·向太阳族挑战》 导演:小石荣一

NO.008 《夕日拳铳:日本篇·大陆篇》 导演:佐伯清

NO.009 《孔雀母亲》 导演:伊贺山正光

NO.010 《把松入下!》 导演:小石荣一

NO.011 《恐怖的空中杀人》 导演:小林恒夫

1957年

NO.012 《 喧哗社员》 导演:津田不二夫

NO.013 《无敌社员》 导演:津田不二夫

NO.014 《第13号栈桥》 导演:小石荣一

NO.015 《大学的石松·女群突破》 导演:小石荣一

NO.016 《多情佛心》 导演:小泽茂弘

NO.017 《日清战争风云秘话》

NO.018 《斗鲸勇士》 导演:津田不而夫

NO.019 《碧海》 导演:小林恒夫

NO.020 《血斗》 导演:小石荣一

NO.021 《战斗机出动——第101空军基地》

1958年

NO.022 《女大不由娘》 导演:佐伯清

NO.023 《多罗尾伴内·十三个魔王》 导演:松田定次

NO.024 《台风之子·修学旅行卷》 导演:小石荣一

NO.025 《台风之子·最高殊勋卷》 导演:牧野雅裕

NO.026 《非常线》 导演:牧野雅裕

NO.027 《恋爱自由型》 导演:佐伯清

NO.028 《在季风的彼岸》 导演:关川秀雄

NO.029 《那家伙的枪口通地狱》 导演:松田定次

NO.030 《云雀名侦探合战》 导演:佐佐木康

NO.031 《空中马戏·呼风唤雨的野兽》 导演:小石荣一

NO.032 《希望之花(美空云雀艺术生涯十周年纪念)》 导演:佐佐木

NO.033 《森林和湖的祭典》 导演:内田吐梦

NO.034 《姑娘中的姑娘》 导演:佐伯清

1959年

NO.035 《无法街的年轻人》 导演:小泽茂弘

NO.036 《旋风家族》 导演:小石荣一

NO.037 《黑指汉》 导演:饭家增一

NO.038 《野兽的通道》 导演:关川秀雄

NO.039 《流尸》 导演:关川秀雄

NO.040 《春联你到地狱底!》 导演:小泽茂弘

NO.041 《疑惑之夜》 导演:小林恒夫

NO.042 《无声的暗杀子弹》 导演:关川秀雄

NO.043 《高度7000米·恐怖的4小时》 导演:小林恒夫

NO.044 《机场魔女》 导演:佐伯清

1960年

NO.045 《天下快男儿·万年太郎》 导演:小林恒夫

NO.046 《第二枪送你下地狱!》 导演:小泽茂弘

NO.047 《云雀续歌·东京艺院》 导演:小石荣一

NO.048 《漫长的旅途》 导演:关川秀雄

NO.049 《女盗天使》 导演:小泽茂弘

NO.050 《空中无法者》 导演:岛津升一

NO.051 《天下快男儿·突进太郎》 导演:小林恒夫

NO.052 《续歌之续·东京艺伎》 导演:小石荣一

NO.053 《沙漠里的太阳》

NO.054 《巡洋舰队》

NO.055 《男子汉,上!》 导演:佐伯清

1961年

NO.056 《东京艺伎逞英豪》 导演:小石荣一

NO.057 《我是地狱魔术师》 导演:小泽茂弘

NO.058 《天下快男儿·旋风太郎》 导演:若林荣二郎

NO.059 《男子汉的热血必有报》 导演:岛津升一

NO.060 《鱼河岸的女石松》 导演:工藤荣一

NO.061 《花·暴风雨·强盗》 导演:石井辉男

NO.062 《云雀民谣之旅·东京艺伎佐渡行》 导演:渡边帮男

NO.063 《万年太郎和大姐社员》 导演:小林恒男

NO.064 《东京的木材姑娘》 导演:伊贺山正光

NO.065 《恶魔拍球曲》 导演:渡边帮男

1962年

NO.066 《南太平洋的波涛》 导演:渡边帮男

NO.067 《东京艺伎和大坂姑娘》 导演:渡边帮男

NO.068 《二二六时间》

NO.069 《爱情·太阳·强盗》 导演:小林恒夫

NO.070 《千姬和秀赖》 导演:牧野雅弘

NO.071 《黄门社长漫游记》 导演:小石荣一

NO.072 《樱岛民谣之旅·梦美姑娘》 导演:渡边帮男

NO.073 《东京丸之内》 导演:小西通雄

NO.074 《三百六十五夜》 导演:渡边帮男

NO.075 《暗黑街最后一日》 导演:井上梅次

NO.076 《东京贱民》 导演:村上新治

NO.077 《游民街的枪弹》 导演:饭家增一

NO.078 《背叛者下地狱!》 导演:小泽茂弘

1963年

NO.079 《暗黑街的头面人物——十一个强盗》 导演:石井辉男

NO.080 《第八伞兵部队·壮烈鬼队长》 导演:小林恒夫

NO.081 《暴力街》 导演:小林恒夫

NO.082 《人生剧场·飞车角》 导演:泽岛忠

NO.083 《东京贱民·逃走》 导演:关川秀雄

NO.084 《最后的头面人物》 导演:佐佐木康

NO.085 《打倒头儿》 导演:石井辉男

NO.086 《暗黑街大决斗》 导演:井上梅次

NO.087 《宫本武藏·二刀流开眼》 导演:内田吐梦

NO.088 《恫吓》 导演:渡边佑介

NO.089 《强盗忠臣藏》 导演:小泽茂弘

NO.090 《鬼检事》 导演:关川秀雄

NO.084 《最后的头面人物》 导演:佐佐木康

NO.085 《打倒头儿》 导演:石井辉男

NO.086 《暗黑街大决斗》 导演:井上梅次

NO.087 《宫本武藏·二刀流开眼》 导演:内田吐梦

NO.088 《恫吓》 导演:渡边佑介

NO.089 《强盗忠臣藏》 导演:小泽茂弘

NO.090 《鬼检事》 导演:关川秀雄

1964年

NO.091 《宫本武藏·乘寺决斗》 导演:内田吐梦

NO.092 《东京帮对香港帮》 导演:石井辉男

NO.093 《加可万和铁》 导演:深作欣二

NO.094 《南条》 导演:石井辉男

NO.095 《暗黑街大道》

NO.096 《日本侠客传》 导演:牧野雅弘

NO.097 《狼、猪和人》 导演:深作欣二

NO.098 《纹身突击队》 导演:石井辉男

1965年

NO.099 《头面人物》 导演:石井辉男

NO.100 《饥饿海峡》 导演:内田吐梦

NO.101 《日本侠客传·浪花篇》 导演:牧野雅弘

NO.102 《网走番外地》 导演:石井辉男

NO.103 《续网走番外地》 导演:石井辉男

NO.104 《日本侠客传·关东篇》 导演:牧野雅弘

NO.105 《宫本武藏·岩流岛决斗》 导演:内田吐梦

NO.106 《昭和残侠传》 导演:佐伯清

NO.107 《网走番外地·望乡篇》 导演:石井辉男

NO.108 《网走番外地·北海篇》 导演:石井辉男

1966年

NO.109 《昭和残侠传·唐狮子牡丹》 导演:佐伯清

NO.110 《日本侠客传·血斗神田祭》 导演:牧野雅弘

NO.111 《网走番外地·摊牌荒野》 导演:石井辉男

NO.112 《神风野郎·白昼的决斗》 导演:深作欣二

NO.113 《男之胜负》 导演:中岛贞夫

NO.114 《昭和残侠传·一匹狼》 导演:佐伯清

NO.115 《网走番外地·决斗南国》 导演:石井辉男

NO.116 《日本侠客传·雷门的决斗》 导演:牧野雅弘

NO.117 《地狱法中无明日》 导演:降旗康男

NO.118 《网走番外地·大草原上决一死战》 导演:石井辉男

1967年

NO.119 《日本侠客传·白刃杯》 导演:牧野雅弘

NO.120 《网走番外地·决斗零下30度》 导演:石井辉男

NO.121 《啊,同学之樱》 导演:大川博

NO.122 《昭和残侠传·血染唐狮子》 导演:牧野雅弘

NO.123 《网走番外地·向邪恶挑战》 导演:石井辉男

NO.124 《日本侠客传·杀!》 导演:牧野雅弘

NO.125 《义侠法》 导演:鸟居元宏

NO.126 《一代侠骨》 导演:牧野雅弘

NO.127 《网走番外地·暴风雪中的斗争》 导演:石井辉男

1968年

NO.128 《日本侠客传·绝交信》 导演:牧野雅弘

NO.129 《狱中的头面人物》 导演:降旗康男

NO.130 《荒野度世人》 导演:佐藤纯弥

NO.131 《侠客列传》 导演:牧野雅弘

NO.132 《绯牡丹赌徒》 导演;山下耕作

NO.133 《大场勇》 导演:牧野雅弘

NO.134 《人生剧场·飞车角和吉梁常》 导演:内田吐梦

NO.135 《祗圆祭》 导演:伊藤大辅山内铁也

NO.136 《新网走番外地》 导演;牧野雅弘

NO.137 《赌徒列传》 导演:小泽茂弘

1969年

NO.138 《绯牡丹赌徒·斗纸牌》 导演:加藤泰

NO.139 《昭和残侠传·唐狮子仁义》 导演:牧野雅弘

NO.140 《绯牡丹赌徒·第二代继承师名》 导演:小泽茂弘

NO.141 《战后最大的赌场》 导演 :山下耕作

NO.142 《徒刑三兄弟》 导演:佐伯清

NO.143 《日本侠客传·花和龙》 导演:牧野雅弘

NO.144 《日本女侠传·义侠艺伎》 导演:山下耕作

NO.145 《新网走番外地·血斗流人岬》 导演:降旗康男

NO.146 《日本暗杀秘录》

NO.147 《昭和残侠传·斩人唐狮子》 导演:山下耕作

NO.148 《度世人列传》 导演:小泽茂弘

NO.149 《新网走番外地·最后的流浪者》 导演:佐伯清

NO.149 《新网走番外地·最后的流浪者》 导演:佐伯清

1970年

NO.150 《日本女侠传·火红的胆量花》 导演:降旗康男

NO.151 《赌徒一家》 导演:小泽茂弘

NO.152 《亡命之徒矢岛》 导演:降旗康男

NO.153 《日本大赛马》 导演:佐藤纯弥

NO.154 《游侠列传》 导演:小泽茂弘

NO.155 《新网走番外地·决斗大森林》 导演:降旗康男

NO.156 《昭和残侠传·请君归天》 导演:牧野雅弘

NO.157 《战场灰烟》

NO.158 《最后的特攻队》

NO.159 《日本侠客传·升龙》 导演:山下耕作

NO.160 《新网走番外地·暴风雪中的孤狼》 导演:降旗康男

1971年

NO.161 《日本侠客传·通向总长之路》 导演;牧野雅弘

NO.162 《日本女侠传·血斗乱花》 导演:山下耕作

NO.163 《日本侠客传·刃》 导演:小泽茂弘

NO.164 《流浪汗》 导演;降旗康男

NO.165 《新网走番外地·呼风唤雨的知床岬》 导演:降旗康男

NO.166 《昭和残侠传·怒吼吧,唐狮子》 导演:佐伯清

NO.167 《义侠列传·男》 导演:山下耕作

NO.168 《新网走番外地·逃亡在暴风雪中》 导演:降旗康男

1972年

NO.169 《纯子退职纪念影片:关东绯樱一家》 导演:牧野雅弘

NO.170 《望乡摇篮曲》 导演:小泽茂弘

NO.171 《赌徒外传》 导演;山下耕作

NO.172 《新网走番外地·翻斗车司机》 导演:降旗康男

NO.173 《昭和残侠传·破伞》 导演:佐伯清

1973年

NO.174《山口组第三代》 导演:山下耕作

NO.175 《现代任侠史》 导演:石井辉男

NO.176《格鲁格13》 导演:佐藤纯弥

1974年

NO.177 《绯牡丹赌徒·第三代继承师名》 导演:小泽茂弘

NO.178 《无家可归》 导演:斋藤耕一

NO.179 《田中健》 导演:S.波拉克

1975年

NO.180 《日本任侠传·猛打猛冲篇》 导演:山下耕作

NO.181 《大越狱》 导演:石井辉男

NO.182 《新干线大爆破》 导演:佐藤纯弥

NO.183 《神户国际帮》 导演:田中登

1976年

NO.184 《追捕》 导演:佐藤纯弥

1977年

NO.185 《八甲田山》 导演:森谷司郎

NO.186 《幸福的黄手帕》 导演:山田洋次

1978年

NO.187 《冬之华》 导演:降旗康男

NO.188 《野性的证明》 导演:佐藤纯弥

1980年

NO.189 《动乱》 导演;森谷司郎

NO.190 《远山的呼唤》 导演;山田洋次

1981年

NO.191 《车站》 导演:降旗康男

1982年

NO.192 《刑事物语》 导演:渡边佑介

NO.193 《海峡》 导演:森谷司郎

1983年

NO.194 《南极物语》 导演:藏原惟缮

NO.195 《居酒屋兆治》 导演:降旗康男

1985年

NO.196 《夜叉》 导演:降旗康男

1988年

NO.197 《去海边,见你》 导演:藏原惟缮

1989年

NO.198 《黑雨》 导演:李德利·斯科特

NO.199 《情义知多少》 导演:降旗康男

1992年

NO.200 《棒球先生》 导演:弗雷德·谢波西

1994年

NO.201 《四十七刺客》 导演:市川昆……

1999年

NO.202 《铁道员》 导演:降旗康男

2001年

NO.203 《萤火虫》 导演:降旗康男

2005年

NO.204 《千里走单骑》 导演:张艺谋

获奖经历

[[幸福的黄手帕]]》--第51届《电影旬报》男主角奖、第32届每日竞赛会男演员演技奖、第20届蓝丝带男主角奖、第1届日本学院奖最优秀男主角奖
[[八甲田山]]》--第20届蓝丝带男主角奖

[[动乱]]》、《[[远山的呼唤]]》获得第4届日本学院奖男主角奖

[[车站]]》获得第5届日本学院奖男主角奖、第27届亚洲电影节男主角奖

[[铁道员]]》--第23届蒙特利尔世界电影展优秀男主角奖、第44届亚太影展男主角奖、第32届日本学院奖最优秀男主角奖,第42届蓝丝带男演员奖等。

1978年度、1982年度、1990年度、1999年度亚洲电影节(亚太影展)优秀男主角奖

日本文化功劳者(2006年

其他

书籍

想你夸奖我(集英社) ISBN 4-08-780455-0

旅途中(新潮社) ISBN 4-08-901151-5

南极的企鹅(集英社) ISBN 4-10-125411-7

想(写真随笔集)(集英社) ISBN 4-08-747644-8

CD

南极的企鹅(集英社) 曲:宇崎龙童

广告演出

朝日啤酒(1970年代)

Renown(レナウン)(1978年)

三菱自動車工业 (2代目・3代目、1980年~1985年)

日本生命保险(1984年)

雀巢咖啡(1986年)

JRA(1992年、1993年)

富士通 FMV(1994年~1999年)

LarK(烟)(1996年~1997年)

麒麟「生茶」(2000年)

麒麟麦酒(2001~2004年)

外部链接

  • 高仓健