黛敏郎

照片 :
照片描述 : 日本作曲家黛敏郎
中文名 : 黛敏郎
英文名 : Toshiro Mayuzumi
出生年 : 1929年
出生日 : 2月20日
出生地 : 日本神奈川县
逝世 : 逝世
逝世年 : 1997年
逝世日 : 4月10日
逝世地 :
国家/地区 : 日本
职业1 : 作曲家
首字母 : D
条目星级 : ★

黛 敏郎(まゆずみ としろう、1929年2月20日1997年4月10日)は、[[日本]][[作曲家]][[20世紀]][[日本]][[クラシック音楽]][[現代音楽]]界を代表する[[音楽家]]の一人として知られる存在である。

来歴・人物

[[神奈川県]]生まれ。旧制横浜一中(現[[神奈川県立希望ヶ丘高等学校]])から1945年[[東京音楽学校]](現[[東京藝術大学]])に入学して、[[橋本國彦]][[池内友次郎]]伊福部昭に師事。1949年卒業、研究科進学。1951年研究科卒業。

同年8月、フランス政府受け入れ留学生として[[パリ音楽院]]に入学するが一年で退学し帰国。1953年[[芥川也寸志]][[團伊玖磨]]と共に「[[三人の会]]」結成。以後[[作曲家]]として活動をはじめる。1997年4月10日、[[肝不全]]のため逝去。{{享年|1929|2|20|1997|4|10}}。

[[ミュジーク・コンクレート]][[電子音楽]][[ヴァレーズ]]の音楽様式、[[プリペアド・ピアノ]]など、留学中に接したヨーロッパ最新の[[前衛音楽]]の様式を次々と模倣し日本に紹介する。しかしそれらの西洋前衛音楽へのアプローチは、構造的な理論よりは音響への興味を優先させた。とくに、[[電子音楽]][[ミュージック・コンクレート]]などの分野においては、[[日本]]における第一人者でもある。

その後、代表作となった[[涅槃交響曲]]では、声明を模した男声合唱を取り入れ、さらに鐘の音をNHK電子音楽スタジオで音響[[スペクトル]]解析した上オーケストラで再現した。「カンパノロジー・エフェクト」と自ら呼んだこのアイデアは、奇しくも現在フランスの現代音楽シーンの主流を占める[[スペクトル楽派]]の一人[[トリスタン・ミュライユ]]の管弦楽曲「ゴンドワナ」を約20年も先取りするものであった。

しかし黛はその後このカンパノロジー・エフェクトをテープ音楽などでいくつか試みはしたものの、両者の間に直接の交流は行われていない。むしろ、従来黛が示していた音響的な興味へのアプローチよりは、この曲を境に内面的な日本的要素への回帰を示した。後には仏教思想、さらに保守的政治思想へと発展した。もう一つの代表作として、[[三島由紀夫]]の小説によるオペラ「[[金閣寺]]」がある。

[[日本テレビ]]の「NNNニュース」「スポーツ番組([[全日本プロレス中継]]、故[[ジャイアント馬場]]のテーマ)」のテーマ曲である「[[スポーツ行進曲]](別名:NTVスポーツのテーマ)」、関東UHF局の「[[朝日フラッシュニュース]]」のオープニングテーマソングである「朝日ニューストップタイトルのための音楽」を作曲したり、[[テレビ朝日]](当初は東京12chで放送)「[[題名のない音楽会]]」の司会を担当するなど、[[現代音楽]]の作曲家としては稀有な親しみやすい存在であった。その他にも、[[仏教]]諸宗派のためにカンタータなどを作曲。

夫人は元女優の[[桂木洋子]]。演出家の[[黛りんたろう]]は長男。[[朝日新聞]]学芸部編集委員の[[黛哲郎]](故人)は実弟。

[[保守]]系団体「[[日本を守る国民会議]]」(現[[日本会議]])議長や[[自由民主党]]の党友組織[[自由国民会議]]代表を務め、保守派(インテリ[[右翼]])の論客として知られた。

代表作

管弦楽

  • [[ルンバ・ラプソディ]](1948) 伊福部昭の許に預けられたまま黛は亡くなった。
  • [[シンフォニック・ムード]](1950) 原題は交響的気分「スフィンクス」
  • [[饗宴]](1954)
  • [[カンパノロジー]](1957)
  • [[涅槃交響曲]](1958)
  • [[曼荼羅交響曲]](1960)
  • [[BUGAKU]](1962)
  • [[交響詩「輪廻」]](1962)
  • [[音楽の誕生]](1964)
  • [[木琴小協奏曲]] (1965)
  • [[交響詩「立山」]](1971)
  • [[21世紀へのラプソディ]](1991)

オペラ

  • [[金閣寺]](1976) [[三島由紀夫]][[金閣寺_(小説)]]による
  • [[KOJIKI]](1996)

バレエ音楽

  • [[舞楽]](1962)
  • [[THE_KABUKI]](1986)
  • [[M]](1993)

吹奏楽・管楽合奏

  • [[トーンプレロマス55]] Tonepleromas 55 (1955)
  • [[彫刻の音楽]] Music with Sculpture (1961)
  • [[テクスチュア]] Texture, for wind orchestra (1962)
  • 花火 Fireworks (1963)
  • [[打楽器とウィンドオーケストラの為の協奏曲]] Concerto for Percussion and Wind Orchestra (1965)
  • [[行進曲「祖国」]](1981)

室内楽・器楽

  • [[ヴァイオリンとピアノのためのソナタ]](1946)
  • [[10楽器のためのディベルティメント]](1948)
  • [[スフェノグラム]](1950)
  • [[プリペアド・ピアノと弦楽のための小品]](1957)
  • [[阿吽]] 3つ和楽器のための(1957)
  • [[BUNRAKU]] チェロのための(1960)
  • [[弦楽四重奏のためのプレリュード]](1961)
  • [[昭和天平楽]](1970) ([[現代雅楽]]の項を参照)
  • [[ROKUDAN]] ハープのための(1989)

声楽

  • 天台声明による[[始段唄・散華]](1959)
  • カンタータ「[[憲法はなぜ改正されなければならないか]]」(1981)
  • オラトリオ「[[日蓮聖人]]」(1981)
  • [[大佛讃歌]](1983)
  • オラトリオ「[[京都1200年_伝統と創生]]」(1994)

テープ音楽

  • [[ミュージックコンクレートのための作品X・Y・Z]](1953)
  • [[3つの電子音楽作品]](1955)
    • [[素数比の系列よる正弦波の音楽]]
    • [[素数比の系列による変調波の音楽]]
    • [[矩形波と鋸歯状波のインヴェンション]]
  • [[葵の上]](1957) ([[湯浅譲二]]の同名のテープ音楽とは別の作品)
  • [[まんだら]](1955)

映画音楽

  • [[カルメン故郷に帰る]] 松竹大船([[木下恵介]])(1950)([[木下忠司]]と)
  • [[カルメン純情す]] 松竹大船([[木下恵介]])(1952)
  • [[プーサン]] 東宝([[市川崑]])(1953)(出演もしている)
  • [[幕末太陽傳]] 日活([[川島雄三]])(1957)
  • [[張込み]] 松竹(野村芳太郎)(1958)
  • [[盗まれた欲情]] 日活(今村昌平)(1958)
  • [[西銀座前]] 日活(今村昌平)(1958)
  • [[野獣死すべし]] 東宝([[須川栄三]])(1959)
  • [[にあんちゃん]] 日活(今村昌平)(1959)
  • [[豚と軍艦]] 日活(今村昌平)(1961)
  • [[小早川家の秋]] 東宝(小津安二郎)(1961)
  • [[キューポラのある街]] 日活(浦山桐郎)(1962)
  • [[憎いあンちくしょう]] 日活([[蔵原惟繕]])(1962)
  • [[武士道残酷物語]] 日活(今井正)(1963)
  • [[赤い殺意]] 日活(今村昌平)(1964)
  • [[月曜日のユカ]] 日活([[中平康]])(1964)
  • [[東京オリンピック]] 東京オリンピック映画協会([[市川崑]])(1965)
  • [[天地創造]] アメリカ([[ジョン・ヒューストン]])(1966)
  • [[「エロ事師たち」より_人類学入門]] 日活(今村昌平)(1966)
  • [[愛と死の記録]] 日活([[蔵原惟繕]])(1966)
  • [[非行少年_陽の出の叫び]] 日活([[藤田繁矢]])(1968)
  • [[黒部の太陽]] 日活([[熊井啓]])(1968)
  • [[神々の深き欲望]] 日活(今村昌平)(1968)
  • [[私が棄てた女]] 日活(浦山桐郎)(1969)
  • [[日本の首領]] 東映([[中島貞夫]])(1977)
  • [[徳川一族の崩壊]] 東映([[山下耕作]])(1980)

テーマ音楽

  • [[EXPO’70]] [[太陽の塔]]内・生命の樹テーマ曲「生命の讃歌」(1970)
  • 校歌

    • [[八千代市立村上東中学校|千葉県八千代市立村上東中学校]] 校歌(1976頃)
    • [[北海道苫小牧南高等学校]] 校歌

    ほか作品多数

    著作

    • [[團伊玖磨]][[芥川也寸志]]黛敏郎[[現代音楽に関する3人の意見]]』(中央公論社/1959)
    • [[“君が代”はなぜ歌われない 黛敏郎の対談]]』(浪曼/1974)
    • [[私の茶道入門]]』(光文社/1976)
    • [[題名のない音楽会]]』(角川書店/1977)
    • [[日本のこころ]]』(筥崎宮/1979)
    • [[岡倉天心]]著、黛敏郎訳・解説『[[茶の本_現代語で読む]]』(三笠書房/1983)
    • [[題名のない独白]]』(サンケイ出版/1984)

    出演番組

    • [[題名のない音楽会]]
    • 神戸[[風月堂]]ゴーフルCM
    • [[マツダ・ルーチェ]]CM

    演じた俳優

  • [[谷原章介]] – 「[[女の一代記]]
  • [[日]]